個別記事の管理-------- (--)
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ⇩宜しければ是非クリックお願いします、励みになります。


    * Category : スポンサー広告
    |
    個別記事の管理2013-06-30 (Sun)
    β3最終コンテンツのブレイフロクスの簡易攻略メモです。
    最終コンテンツと言ってもファインダー用ダンジョンなのでそれほど難しくはありません。


    ・道中については気をつけるほどのものがないので割愛。

    ・第一ボスにして最強ボス、ボスというか雑魚が強い。
     最初から3匹居る雑魚に居るバイオレットパックの毒のブレスが
     物凄く痛いので絶対に当たらないようにしましょう。
     範囲持ちなら範囲攻撃を全開で撃って一瞬で焼きつくしましょう。

     万一誰かがブレスに当たったら、幻術は即効でエスナをするといいらしいです。

     タンクは範囲攻撃のレンジに全員を収めるためにフラッシュやオーバパワーを
     全力で撃って一箇所に固めましょう、ブレスの予備動作が見えたら
     タンクと言えどもかなりやばいので避けましょう。

     雑魚は途中からも追加で湧いてくるので、ステージの奥をタンクはずっと注視するように。
     というかすぐフォローできるステージの奥で戦ったほうがいいです。

    ・第二ボス、途中から雑魚に追われてるゴブリンが乱入してくるので助けてあげましょう。
     火力になってくれます、見殺しにしたらクリアできないかどうかは謎。
     雑魚を倒しに行ってる間にボスの方はリポーズかスリプルで寝かしてやると楽です。

    ・第三ボス、サンショウウオ戦。
     タンク以外のPCがデカい水泡に包まれるので他のPCはすぐにそれを破壊する。
     道中にいた雑魚が使ってたのと同じ範囲詠唱が見えたらインタラプト。
     終盤にラスボスが乱入してくるのでタンクは慌てずタゲをとって、
     PTメンバーの外側にドラゴンの向きを向けるように。
     ある程度削ったら飛び立って逃げていきます。

    ・ラスボス戦、ドラゴンブレスには基本絶対当たらないように、
     範囲はそれほどでもないので避けるのは簡単です。ちなみにインタラプトは不可。
     どのボスでも同じですが、PTの外側にボスを向けるのが第一歩です。
     これで前方範囲攻撃を避けるのはタンクだけになるので。

     途中から毒の沼地をランダムターゲットで吐いてきます。
     これはトトラクと同じギミックかとおもいきや、毒の沼地にボスがいると
     ボスのHPがモリモリ回復していくというギミックがついています。
     なのでタンクは沼地が吐かれたポイントからラスボスを遠ざけるように動きましょう。


    スポンサーサイト

    ⇩宜しければ是非クリックお願いします、励みになります。


    Theme : 新生FF14エオルゼア * Genre : オンラインゲーム * Category : β3
    * Comment : (0) * Trackback : (0) |
    個別記事の管理2013-06-29 (Sat)
    ・屋敷内をウロついてるメイドが超危険、強制リンクはないので
     モブとの戦闘中にメイドに絡まれないようにタンクは安全地帯に移動したほうがいいかもしれない。
     あとは逆に先にメイドだけ引っ張ってくるとか、こっちが出来ればこっちのが楽。

    ・メイドのダークミストはスタンでインタラプト

    ・最初のボスは設置範囲攻撃を頻発するので、予兆がきたちゃんと避ける。
     ダークミストはインタラプト

    ・2匹目のボスは執事優先?タンクはインプと執事のヘイトをキープするために、
     定期的にフラッシュを撃つなりして、殴ってない方のヘイトをこぼさないように注意。
     執事の範囲詠唱はインタラプト可能なので止めておく。食らったことないので効果は謎。

    ・2匹目のボスを倒したらデジョンを使って戻るのが楽。

    ・小さな鍵は一個余るので最後のは取る必要なし

    ・ラスボス戦、ダークミストをインタラプトすると直後にもう一度使うので、
     インタラプトする意味が無いと思われがちだが、
     止められた後に再使用するのは一度目のダークミストのみ。
     一発目以外はたぶん止めたほうがいい。

     ランプはタンク以外(遠距離推奨)が止めに行く。

     ボムは最優先で処理、ボムに絡まれたPCは仲間の方に逃げること。
     仲間から離れると処理が非常に難しくなる。

     最後の3匹追加で来る雑魚は無視して押し切るのは不可能。
     真面目に全部処理するように、呪術士がいたらリミットブレイクで一掃すると超楽。


    ⇩宜しければ是非クリックお願いします、励みになります。


    Theme : 新生FF14エオルゼア * Genre : オンラインゲーム * Category : β3
    * Comment : (0) * Trackback : (0) |
    個別記事の管理2013-06-27 (Thu)
    最後は呪術士です。


    ▼レベル1~6
    MP切れるまでファイア連打、尽きたらトランス、ブリザドx2、最初に戻る。
    このループにをサンダーのDOTを入れていく感じです。
    アストラルファイアが付いている時にサンダーを撃つのは勿体無いのでアンブラルブリザード状態の時だけにしましょう。
    ブリザドx2のどちらかをサンダーする形です。

    ▼レベル7~21
    ソロの基本ループは同じ、ブリザラ・ファイラは2匹以上いればダメージ効率にファイア・ブリザドを上回ります。
    なお、レベル20以上の場合、トランスからのブリザドは一発でいいです。
    ブリザド一発撃ってアンブラルブリザード2にしたら即ファイア連打モードに。
    たぶんこの状態だとサンダーを挟む隙間はなさそう。

    パーティープレイ行きます。
    基本はソロと同じですが、範囲連発は危険なので、
    タンクの様子を見ながら範囲を撃つ判断をしましょう。

    幻術の記事でも書きましたが、
    タンクが範囲を撃った後にターゲットを固定しだしたら、
    それ以外の敵をスリプルで眠らせてあげるとヒーラーやタンクに喜ばれます。
    特にスリプルが範囲化してからは眠らせは呪術の仕事な風潮が出来る予感がしてます。

    ちなみに詠唱スキルは詠唱開始時のターゲットに発射されるので、
    スリプルを回し打ちする時や次の魔法のターゲットを変えたい場合、
    詠唱中にターゲット変更をしておくと切り替えのラグがなくなります。

    ローテーションにインスタントキャストがないので移動中はコプラスを連打しましょう。
    移動中にも攻撃を維持できるとDPSがかなり変わってきます。

    ▼レベル22~33
    今までとほぼ同じですが、サンダーの変わりにサンダラを撃つようになります。

    迅速魔は現状ほぼ使い所がありません。
    ファイアかブリザドを一発移動撃ち出来るくらいでしょうか。

    ▼レベル34~35
    ファイガのDPSはファイアに劣るので、
    ファイガはアンブラルブリザードからアストラルファイアに切り替える為に使いましょう。



    ⇩宜しければ是非クリックお願いします、励みになります。


    Theme : 新生FF14エオルゼア * Genre : オンラインゲーム * Category : β3
    * Comment : (1) * Trackback : (0) |

    * by moon
    こんにちゎ。
    いつも参考にさせてもらってます。
    役立つ情報が多くて助かります。
    ありがとうございます^^

    先日、呪術から黒魔になったのですが
    どちらを使ってるのが良いのでしょうか?
    黒の方が攻撃力はありそうですが・・・
    アドバイスお願い致します・

    個別記事の管理2013-06-27 (Thu)
    今回は正直全く触ってない格闘士を解説していきます。
    あまり自信がないので何か間違いなど有りましたら、コメント欄やtwitterなどでご指摘お願いしますm(_ _)m
    まぁ適当なのはいつものことなんですけど・・・。


    ▼レベル1~6
    連撃→正拳突き→崩拳
    をずっとループ、これ以外やることなし。

    何かするとしたらフェザーステップをCD毎に入れるくらい。

    ▼レベル7~17
    ソロはループ自体は今までと同じ、発勁は確実にCD毎にいれましょう。

    メインクエストのイベントバトルなどで、
    そこそこソロが厳しい戦闘が出てくるので、
    そういう時にはフェザーステップが結構生きてきます。

    フェーザーステップ効果中はかなり回避してくれるので、
    回避を見たらカウンターを撃ってスロウを入れると、
    被ダメージが減るのでバトルが安定します。

    さてここからパーティープレイが始まります。

    このクラスは位置ボーナスが重要なので、攻撃によって立ち位置を変えていく必要があります。

    連撃→正拳突き→崩拳
    この基本コンボの場合

    背面→背面→側面
    と立ちまわるのが正解です。

    移動しながら攻撃ボタンを押す習慣をこの頃から徹底しておくと、
    後々忙しくなった時にそのスキルが生きてきます。
    移動と攻撃を両立する意識を早い段階から持っておきましょう。

    レベル15のクラスクエで秘孔拳を覚えていたらDOTを維持するように挟んで行きましょう。
    秘孔拳は地味ですが、総ダメージ自体は結構高いです。

    ▼レベル18~29
    ソロだと今までと同じです。
    一見双掌打を撃ったほうが良さげに見えますが、
    位置ボーナスが取れなくてダメージダウンする分でほぼ相殺されます、無駄です。

    パーティープレイでは双掌打が生きてきます。
    連撃(背)→双掌打(側)→崩拳(側)→連撃(背)→正拳突き(背)→崩拳(背)
    のループとなります。

    弐の型時の立ち位置が交互に変わるので移動もちょっと複雑になって来ましたね。

    レベル20から疾風迅雷が2つまでスタックするようになったので、
    疾風迅雷を維持することを強く意識しましょう。

    疾風迅雷をスタックした状態を維持出来るかどうかによって、
    格闘士/モンクのダメージ量は大幅に変わってきます。

    壊振衝は範囲攻撃ではなく、範囲インタラプトスキルです。
    威力が低いので範囲攻撃として使うのは基本的にはやめておきましょう。

    ▼レベル30~35
    破砕拳のDOTが乗っていない時は崩拳ではなく破砕拳を撃ちましょう。
    秘孔拳と違い、発動条件に型の制約があるので完全に維持することは出来ません。
    撃ち分けの目安としては参の型になった時点で、3秒以上DOTが残っているようであれば崩拳を撃ちましょう。

    DOTの時間を見てとっさに撃ち分けられる様に、
    位置ボーナスはありませんが破砕拳も側面で撃つ習慣を付けておくといいと思います。

    まとめると、
    ・基本ループは
     連撃(背)→双掌打(側)→破砕拳or崩拳(側)→連撃(背)→正拳突き(背)→破砕拳or崩拳(側)
    ・発勁はCD毎に確実に入れていく。
    ・秘孔拳のDOTはキッチリ維持。
    ・破砕拳を撃つ目安は、破砕拳のDOTがなくなっている時か破砕拳のDOTが残り3秒を切っている時。
     秒数見るのが面倒くさい人は残り何秒であろうと破砕拳のDOTが残っていたら崩拳でOK、大差ないです。
    ・疾風迅雷の維持を意識する。
    こんな感じになります。


    ⇩宜しければ是非クリックお願いします、励みになります。


    Theme : 新生FF14エオルゼア * Genre : オンラインゲーム * Category : β3
    * Comment : (3) * Trackback : (0) |

    * by 棚
    すいませんCD毎のCDっの言葉の意味はなんですしょうか?
    カウンターダメージですか?
    カウンターがどうやって取れるんですかね?

    * by -
    クールダウンの事じゃない?

    承認待ちコメント * by -

    個別記事の管理2013-06-26 (Wed)
    さて結局長文になりつつある本シリーズですが、
    今回は長文確定なヒーラーの幻術士をやって行きたいと思います。


    ▼レベル1~6
    ソロプレイしかないのでストーン連打。

    クルセードスタンスを覚えたら基本的にはクルセードスタンスを使用。

    単純な性能だとエアロの性能は大して高くないので、
    逃げ撃ちの時に使いましょう、逃げ撃ち時はストーンを入れて、
    ヘヴィ状態にしてからエアロを入れつつ逃げましょう。

    ストーンは何気に最強のヘヴィ技です。
    効果時間も20秒と長く移動力40%ダウンとヘヴィ系最高の効果量です。

    もし自分のHPが減ったらストーンで相手の足を鈍らせて
    一旦距離を取り、クルセードスタンスを解除してケアルで回復しましょう。

    クルセードスタンスは、攻撃モードになる時はGCDがありますが、
    解除してヒーラーモードに戻るときにはGCDが無いので安心して使えるスキルですね。

    ▼レベル7~21
    ソロの立ち回りは概ね同じです。

    15のクラスクエのアクアオーラがあるのでさらに生存能力が高まります。
    ふっ飛ばしてバインドしてる間にケアルで回復できるので、
    ストーンのヘヴィ、エアロの逃げ撃ち、アクアオーラのふっ飛ばし+バインドを使えば
    クエストインベントバトルも大抵は対処できるでしょう。

    パーティープレイは基本的には減ってる仲間を、
    パーティーフレームからクリックしてターゲットしてケアルです。
    マクロで

    /ac ケアル <mo>

    など作っておくとクリックの一手間が省けたりします。

    アタッカーがやたら殴られていたりして、
    パーティーで複数人数が減っていたら当然メディカを使わなければならないのですが、
    メディカのヘイト値は非常に高いので多用は禁物です。

    もしヘイトを取ってしまった場合、タンクの方向に逃げましょう、
    敵に向かっていく形になりますがその方がフォローが容易です。
    絶対にタンクから離れた方向に逃げない様にして下さい、フォローできなくなります。
    また、タンクの方向に逃げる際に、ボスの前には立たないようにして下さい。
    ボスは大抵強力な前方範囲攻撃を持っているのでボスの前は危険です。

    アクアオーラは緊急回避スキルとしては非常に優秀なのですが、
    これを使うと使うと敵があらぬ方向に行ったりして、
    タンクがフォローしに行くのが面倒な事になるのでPTプレイでの使用はあまり推奨されません。
    ただし本当に危険な時には迷わずアクアオーラを使いましょう。

    パーティーフレームの側にヘイトリストを配置しておくと、
    ヘイトを取った相手へアクアオーラを使用したりする際のマウスカーソルの移動が少なくなるので便利です。

    /ac アクアオーラ <mo>

    ケアルと同じようにこんなマクロを作っておくと緊急時に便利かもしれません。

    ヒーラーはパーティーフレームとヘイトリストの配置は、
    自分のプレイしやすい位置にカスタマイズしておくといいでしょう。

    それとボス戦での追加で雑魚が出てきた際に回復をすると、
    真っ先にヒーラーに向かってきてしまうので、そういう時はタンクの方向に逃げましょう。

    あとダンジョン開始時にかならずプロテスをかけましょう、
    効果は30分なので大抵一回かけ直しが入ります。
    残り時間が少なくなったと思ったら忘れないうちにかけ直しておくといいです。

    ちなみに開始時はダンジョンの最初のムービーシーンを見ているキャラには
    プロテスがかからない残念仕様があるのでかけこぼしに注意しましょう。

    ▼レベル21~35
    ソロプレイ時はストンラ連打だけしてればいいです。
    正直30くらいまでのストンラ連射の攻撃性能はアタッカークラスなのでソロで困ることは無いでしょう。
    最初の一発だけストーンにして足を鈍くしてからストンラを連打するのも悪く無いです。

    パーティープレイの基本は前述と同じです。
    ただリポーズを覚えているので、タンクが範囲を撃って1キャラに固定しだしたタイミングで、
    それ以外の敵にリポーズを入れていくと、物凄くプレイが安定します。
    剣術のフラッシュでは睡眠解除はしないので剣術の場合は範囲を待たずに眠らせても大丈夫です。
    タンク視線だとリポーズを入れてくれる幻術はイケメンです、モテます。

    30クラスアクションでケアルラを覚えるので、
    大きくHPが減っていたら迷わずケアルラを使いましょう。
    詠唱時間は同じなので大幅に回復したいならケアルラを選択しておいて間違いないです。

    ストンスキンは、まぁ暇な時に張っておけばいいんじゃないですかね、ボス戦開始前とか。
    皆HP満タンで手持ち無沙汰な時とか。まぁそういう場合はクルセード付けてストンラ撃ってもいいと思うんですが。

    ちなみにパーティープレイで余裕があったらクルセードスタンスを付けて攻撃に参加しても構わないのですが、
    ヒーラーの最優先事項はパーティーの安定なので、
    慣れない内は無理に攻撃に参加する必要は一切ないです。
    攻撃参加は慣れてきてからにしましょう、イフリートの楔などは参加してもいいかもしれません。


    ※7/1 コメント欄からのご指摘によりアクアオーラ回りの記述を変更

    ⇩宜しければ是非クリックお願いします、励みになります。


    Theme : 新生FF14エオルゼア * Genre : オンラインゲーム * Category : β3
    * Comment : (7) * Trackback : (0) |

    * by -
    こんにちは♪
    初心者なのでとても勉強になります!
    まだβテストにも参加できず、早くプレーしたいとワクワクしてみてます♪
    いつもブログの更新楽しみにしてるので、これからもご指導よろしくお願いします(^-^ゞ

    * by mmm
    アクアオーラは基本的にインスタンスでは一切使わないつもりでいたほうが良いと思います
    下手に遠くへ飛ばす事により幻術からはがそうとする味方のアクションが失敗します
    もし使うとすれば1発喰らったら死ぬという状況だけにしましょう
    ボス戦で後から沸いた敵や巡回中で後から絡んできた敵がいる場合に、ケアルをすると基本的に全部幻術に向かうので何もせずメインタンクの場所に直行した方がいいでしょう
    一度フラッシュなりでタンクが抱えてしまえば自分の回復は後から安全に出来ます

    ただし、タンクの周りに範囲攻撃が敷かれた場合などは安易に近寄らないよう注意しましょう

    Re: タイトルなし * by Ez8
    >mmmさん

    ご指摘ありがとうございます。
    確かに距離が離れるとフォローしにくいのですが、
    タンク的には死なれるよりはバインドで猶予期間もつくしいいかなと思った感じですね。

    ただ遠距離持ちを考慮してなかったのもありますし、
    総合的に考えてアクアオーラよりは普通にタンクの方向に走って逃げたほうが安定しますね。
    記事を修正しておきます。

    * by -
    幻術しているので、すごく勉強になりました!!

    * by マリー
    こんにちは。
    いつもこのブログで、IDや幻術の立ち回り勉強させてもらってます。

    一つ質問があるんですが、リポーズは、タンクさんが範囲を撃って①ターゲットを固定したタイミングで、②それ以外の敵にリポーズすればいいみたいですが、なかなかスムーズにできません。
    前提として、PTに呪術師さんがいなくて、自分が回復をやりつつ眠らせるのを担当&タンクさんが敵を倒していく順番をマーキングしない、という条件下でリポーズを上手にいれていきたいです。

    ①ターゲットを固定したタイミング…これはタンクさんが斧か剣で、タイミングが違ってくるので慣れていくしかないと思ってます。

    ②それ以外の敵…これも慣れていくしかないとは思ってますが、正直これが苦手です。
    自分はマウスとキーボードでプレイしていて、マクロは、「/ac リポーズ <mo> /ac リポーズ <t>」を利用してます。
    現状は、「一番近い敵から順にターゲット(逆順)(【Shift】キー+【Tab】キー)」を使って、タンクさんが狙ってなさそうな敵をターゲットにとって、固定しだしたかたな?って、タイミングで1回目のリポーズをいれてます。
    あとはタンクさん等のHP等を管理しながら、順次余裕があれば、ヘイトリストのHPが減ってない敵(タンクさん達がターゲットにしてない敵)に、リポーズをいれていったり、延長させたりしてます。

    回復を怠らないのは勿論ですが、もっとスムーズにリポースを使いこなせたらと思っています。
    IDで一緒になった呪術師さんは、ヘイトリストに敵がのるまえ、「それ以外の敵」にどんどんスリプルをかけておられてます。

    リポーズやスリプルのうまいかけ方、コツなんかがあれば、お答えできる範囲でかまわないので、是非ご教授頂ければ幸いです。
    突然の長文失礼致しました。

    Re: タイトルなし * by Ez8
    >マリーさん

    考え方はほぼ合っていると思いますので基本的にはあとは慣れの問題な気がしますね。

    一点コツがあるとしたら、魔法のターゲットは詠唱開始時のターゲットで確定するので
    「詠唱中に次のターゲットを先に選んでおく」ということをしておくといいです。

    詠唱中に先行してターゲットを選ぶのは<mo>マクロだと逆にやりづらいので、
    ケアルで<mo>マクロを使い、リポーズは通常のターゲットを使うといいかもしれません。

    あとは第一手をなるべく早く撃てるように、タンクが敵を引っ張ってくる前に
    「多分こいつは最初に殴らないだろうな」と当たりをつけた敵を、
    前もってターゲットしておくと最速でリポーズを入れられます。

    * by マリー
    早速ご回答ありがとうございます。参考にさせて頂きます。
    本当にありがとうございました。
    これからもブログの更新楽しみにしてます。

    個別記事の管理2013-06-25 (Tue)
    レベル35までの話なので、割りとライト目なシリーズにする予定が
    前回の記事が普通に長文になってしまってゲンナリしてる所です。

    今回はβ1・2から大幅改善されたと評判の弓術士を紹介します。


    ▼レベル1~7
    ヘヴィショットだけ撃ってればいいと思います。
    一応ストレートショットのバフ維持やベノムバイトのDOT維持をした方が
    ダメージ効率は上がりますが、特性なしのベノムバイトのDOTの長さは短すぎて維持が面倒くさいのと、
    ストレートショットは後述しますが、レベルが上がるとバフの維持を意識するという事がなくなるので習慣にする必要がありません。

    猛者の撃は超強いのでリキャスト毎に使う癖をつけておきましょう。

    ▼レベル8~23
    ここからストレートショットが生きてきます。

    基本ヘヴィショット連打で追加効果が発動したらストレートショット、
    確率的に5回に1回は追加効果出るので、
    ストレートショットのバフの維持は考慮しなくて大丈夫です。
    期待値的に20秒以下でほぼ追加効果は発動するので。

    ブラッドレッターはリキャスト毎に使って行きましょう。
    敵のHPが2割切ったらミザリーエンドもブラッドレッターと同じくリキャスト毎に使いましょう。
    ミザリーエンドはボス戦の終盤でDPSが上がる良いスキルです。

    ソロだと逃げ撃ちに加えて、バインドやクイックノックなどを駆使していけば
    遠距離攻撃を持たない相手にほぼ無敵の立ち回りが出来ます。

    パーティ戦の立ち回りですが、
    基本的には通常のDPSと同じくタンクの殴っている相手を攻撃するのが大原則です。

    このゲームでは希少な遠距離攻撃の持ち主なので、
    ボス戦のDPSだけで処理する雑魚などを倒すのに活躍します。
    近接と違って移動によるラグが少ないので有利です。

    あと、出来ればヒーラーに敵が向いていないか意識をしてあげると良いでしょう。
    パーティー戦ではヒーラーが落ちるとほぼ全滅確定なので、
    ヒーラーに走って行ってる敵を攻撃してヘイトを取ってタンクの側まで誘導したりすると超イケメンです。

    雑魚のヘイトを取って位置誘導がしやすいのは移動撃ちが得意なクラスならではの利点ですね。

    クイックノックはタンクが範囲攻撃を使ってる様子を伺いつつ使いましょう、
    フラッシュやオーバパワーを何発も撃ってる様子が見えたら大チャンスです。

    スウィフトソングは戦闘関係ないからインスタントキャストにならないかなぁ

    ▼レベル24-35
    ベノムバイトが特性によって超強くなります。
    確実にDOTを維持し続けるように立ち回りましょう。
    敵全体にベノムバイトを撒くというのもありなレベルです。

    ちなみに複数敵相手でヘイトを考慮しない最大DPSの追求だと、
    フレイミングアローを置いてベノムバイトとウィンドバイトを敵全体にばら撒き続けてるのが多分最強です。
    もちろんアビリティはリキャスト毎にはさみますが。

    逃げ撃ちが出来るのでソロで大勢引き連れながらDOT入れ続けてバタバタ倒れていくという遊びができそうです。
    ボソ、範囲設置のヘヴィが欲しいなぁ・・・

    パーティー戦の単体相手だと
    ベノムバイトとウィンドバイトを維持しつつヘヴィショット連打、追加効果発動時にストレートショットという流れでしょうか。
    リキャスト毎にブラッドレッター、使用可能ならミザリーエンドも入れていきましょう。

    ボス相手ならほぼこれで間違いないですが、雑魚相手で20秒持たない様ならDOT系は撃たなくてもいいです。
    逆に持つようなら開幕DOT2発はかなり強力な選択肢です。
    ボス相手ならDOTは維持することを考えればいいですが、雑魚相手だとDOTが切れるまで生きているか?
    ということを考えながら撃てるようになるとダメージに差が出てきます。

    フレイミングアローはクイックノックと同じく様子を見ながら使用ですかね。

    ホークアイも撃ち得系なのでリキャスト毎に使っておきましょう。
    正直あまり強そうに見えませんが。

    ⇩宜しければ是非クリックお願いします、励みになります。


    Theme : 新生FF14エオルゼア * Genre : オンラインゲーム * Category : β3
    * Comment : (4) * Trackback : (0) |

    はじめまして! * by Bell
    自分はβ3から参加しているのですが、
    本格的なMMOは初めてなので、少し戸惑ってたんです・・・
    でもこちらのブログを読ませていただいて
    かなり参考になりました^^
    出来ればサービス開始後も続けてほしいです!
    初心者プレイヤーにも分かり易いブログなので
    これからも参考にさせていただきます^^

    Re: はじめまして! * by Ez8
    >Bellさん

    ありがとうございます!
    今のところ正式サービス後も継続予定なので、
    ぜひぜひ今後も見ていってください~。

    * by -
    クイックノックを単体五回連続攻撃にできるというのを聞いたのですが、どうやるのでしょうか

    Re: タイトルなし * by Ez8
    デマだと思います・・・

    個別記事の管理2013-06-25 (Tue)
    さてβ3実用立ち回りシリーズ第三回は剣術士です。
    剣術はβ1・2で35まで上げていて、今のところ一番やってるクラスなので、
    今回の記事が一番精度が高いかもしれません。


    ▼レベル1~7
    正直ソロしか無いし、ルートも一つで書くまでもないですが、
    ファストブレード→サベッジブレード
    をやっておけばまず間違いないです。

    あとファイト・オブ・フライトは完全に撃ち得なのでCD毎に使っておけば間違いないです。
    この時期からファイト・オブ・フライトをCD毎に挟んでいく癖を付けておくといいでしょう。

    ▼レベル8~17
    ソロは全く変わりません。

    ここからパーティープレイが始まります。
    まずクラスクエのシールドロブは確実に取っておきましょう。

    立ち回りは前回の記事の斧術士と同じく、
    シールドロブで相手を釣って、敵中に突っ込んでいってフラッシュです。

    斧術士と違って範囲が自分中心円なので向きを考慮しなくて良い分当てるのがかなり楽です。

    その後ファストブレードコンボをロブを入れた相手に撃ち続けるのが基本です。
    最初に軽くタゲを回し打ちしてヘイトを固めるのも手です

    タゲを完全に合わせてくれるパーティーメンバーなら、
    ロブを入れた相手に最初から完全固定でも問題ありません。
    この辺りはパーティーメンバーの練度を見ながら立ち回りを変えていくといいでしょう。

    タゲがDPSにばらつくとヒーラーがメディカを撃つ事になるので、
    そういう状況になったら、定期的にフラッシュを撃ちましょう。
    DPSにヘイトが向くのは大した問題ではありませんが、
    ヒーラーにヘイトが向くのは大問題なので。

    フラッシュでMPが大分減ってきたと思ったらファストブレードからのライオットソードでMPを補充します。

    ▼レベル18~35
    ソロは例によって
    ファストブレード→サベッジブレード→レイジオブハルオーネ
    この基本コンボはこれにてレベルMAXまで変わりません。完成です。

    釣り方と基本的な立ち回りは今までと同じで、コンボにハルオーネが増えたくらいです。

    ただ今までと違うのは最強ヘイト取得スキル挑発があることです。
    挑発の効果についてはこちらの記事を参照して下さい。

    挑発があるとヒーラーに向かって走って行ってしまった場合や、
    DPSにヘイト差を付けられすぎた場合でも一瞬で確実に挽回できます。

    ただ以前の記事にも書いたとおり挑発は単体だとヘイト差をつけられないのでシールドロブがセットです。
    なので、マクロを組んでおくと便利です。

    /ac 挑発 <mo>
    /ac シールドロブ <mo>

    基本的に挑発を撃つ時はこのマクロを使用すると安定します。
    ただこのマクロだと、挑発のタイマーが見えないので
    タイマー確認用の挑発をマクロの近所に置いておくいいでしょう。

    ちなみにマクロでタイマーを確認できるようにする方法がβ4から採用されるらしいです。

    /ac 挑発 <mo>
    /ac シールドロブ <mo>
    /display 挑発

    とすると挑発のタイマーがマクロに反映されるようになるそうです。
    ※displayという名前になるかはまだ未確定

    あとシールドバッシュはアビリティではないので、
    ボスの詠唱をインタラプトするにはやや不便なところもありますが、
    ファインダーなどでマッチングされたDPSにインタラプトを求めるのは、
    正直言って結構厳しいケースが多いので出来るだけ頑張ってインタラプトしましょう。

    コンボは途切れても問題ないです、ダメージを出すのが目的のクラスではないので。

    あとシールドスワイプはたぶんPvP用です、PvEだとまず使うことはないでしょう。


    ⇩宜しければ是非クリックお願いします、励みになります。


    Theme : 新生FF14エオルゼア * Genre : オンラインゲーム * Category : β3
    * Comment : (4) * Trackback : (0) |

    シールドスワイプ * by 剣術士
    シールドスワイプはPvEでは使わないということですが、全然そんな事はないですよ。
    敵WSの発動待ち(ゲージたまってる間)の時に撃てば中断させられるので地味に便利です。

    GCDの縛りがなくなればダメージソースとしても優秀になるんだろうけどそこは今後の調整次第ですねぇ

    Re: シールドスワイプ * by Ez8
    確かに相手のスキルが魔法でなくWSであればダメージがある分得しますが、
    アタッカーでもないですし正直シールドバッシュと使い分ける必要があるのか疑問ですね。

    特にアビリティのインタラプト技を持たない剣術士なので、
    使い分けを意識したことによる反応の遅れとGCDが重なって止められない可能性も出てきますし、
    インタラプトをしたいならシールドバッシュ一択と決めてかかったほうが安定すると思います。

    「相手のスキルがWSである」と「シールドスワイプが発動可能状態である」をキャストバーを見てから
    瞬時に判断するのは普通の人には相当厳しいと思います。もちろん出来る人ならいいんですが。

    あと仰るとおりWSでなくアビリティであればコンボも途切れないのでダメージソースにもなるし、
    GCD中に使えるのでシールドバッシュが使えないときのインタラプトとしても使い所で出ると思いますね。

    正直発動条件付きのWSである現状だと選択肢として入れるのは微妙だと思いますね。
    クラスクエのスキルに相応しい性能には見えないのでβ4やロンチ時では変わるんじゃないかと予想してます。

    * by haru
    すいません、CDとはなんでしょうか

    Re: タイトルなし * by Ez8
    >haruさん

    cooldownの略です、リキャストのことですね。


    個別記事の管理2013-06-24 (Mon)
    今回はタンククラス第一弾、斧術士です。

    なお槍術士の二段突きをなぜかアビリティだと勘違いするというエアーっぷりを発揮していた事が発覚し、
    今までの記事(これこれ)をこっそり修正させて頂いています。ゴメンナサイ。


    ▼レベル1~11
    ダンジョンがないのでソロ用のみ記述。
    ヘヴィスウィング→スカルサンダー
    以上。

    数字の上ではフラクチャーを入れるのが正解に見えますが、
    低レベル時は小数点以下のダメージが切り捨てられる関係で、
    フラクチャーを入れる意味があんまりないのでやらなくても大丈夫です。
    正直切り上げてほしい・・・。

    ▼レベル12~17
    ソロ用は↑と同じ。

    15のクラスクエでトマホークが取得できるので、確実にとっておきましょう。

    モブに対して、トマホークで釣って集まってきたところに確実にオーバーパワーを当てます。
    オーバーパワーは入力から発生までラグがあるので、その間に体の向きを調整しましょう。

    オーバーパワーの後はもし漏れた相手がいたら、
    一体までならそいつにヘヴィスウィングのコンボを当てましょう。
    2匹以上漏れたら素直にオーバーパワーをもう一発撃ちます。

    ちなみに最初のコンボは全体にターゲットを切り替えつつ当てていくとヒーラーに飛びにくくなります。

    斧はTP不足になりやすいので、パーティー戦ではあまりフラクチャーを使う機会は無さそうです。

    ▼レベル18~29
    ソロ用は
    フラクチャー→ヘヴィスウィング→メイム→ヘヴィスウィング→スカルサンダー→ヘヴィスウィング→スカルサンダー
    のループが一番ダメージが高そうです。

    パーティー用は前とあまり変わりませんが、ヘイトに余裕が出たら、
    ヘヴィスウィングのコンボを3回に一回メイムを挟むと良さそうです。

    安定したらバーサクを使っていくとかなりDPSが上がります。
    バーサクを基本ループに挟む場合、メイムの直前に挟むと最大効率のダメージになるでしょう。
    ヘヴィスウィング→バーサク→メイム→ヘヴィスウィング→スカルサンダー→ヘヴィスウィング→スカルサンダー
    これが入るとこの瞬間アタッカー並(以上?)のダメージが出ます。

    レベル26のマーシーストロークを覚えたら積極的にフィニッシュブローを取りに行きましょう。
    バーサクをマーシーストロークの前に挟むのも手です。
    マーシーストロークは斧術士でボーラアクスの次に高いダイレクトダメージを誇る技なので、
    バーサクとの相性がかなりいいです。

    HPが減ってきてやばいと思ったら、フォーサイトなどのアビリティを使用すると安定します。
    相手がたくさんいる場合はブラッドバス→オーバーパワー連打をするとHPが大幅に回復します。
    単体相手ならブラッドバス+バーサクのコンボも結構良い感じです。

    ▼レベル30~35
    フラクチャーの効果が激増しているので、ソロでは確実に入れて行きましょう。

    30クラスクエストアクションのボーラアクスが強力なので、フラクチャーをキープしつつ、
    ヘヴィウィング→スカルサンダー→ボーラアクス
    のルートのみをやればOKです。メイムを入れたほうがDPS的には若干上がりそうですが、
    特性なしの段階だと有意な差は出ない気がします。

    パーティー戦でもメイムルートは当面(シュトルムヴィントを覚えるまで?)封印しても良さ気です。

    フラクチャーはパーティー戦でもボス戦なら積極的に入れて行きたいところですが、
    まずはヘイト稼ぎを重視して安定したらフラクチャーのDOTを維持するように立ちまわるとDPSに差がでます。

    パーティーの雑魚戦だと雑魚が30秒も生きてるのかという話もあるので、
    あまりやる必要は無さそうです、連戦によるTP切れも起こしやすいですし。



    ちなみに斧はTP切れを起こしやすいクラスなので、
    剣術レベル8のフラッシュを取っておくと大分楽になります。
    TPが足りない時は燃費の悪いオーバーパワーの代わりになるので。
    ただしMP的に2・3発位しか撃てないので多用は出来ませんが。

    ⇩宜しければ是非クリックお願いします、励みになります。


    Theme : 新生FF14エオルゼア * Genre : オンラインゲーム * Category : β3
    * Comment : (2) * Trackback : (0) |

    * by 斧術士見習い
    ブログみさせて頂きました。
    ボーラアクスのクラスクエストが見当たらないのですが
    教えて頂けないでしょうか?

    Re: タイトルなし * by Ez8
    β3にレベル30のクラスクエストは実装されてないのですが、

    該当クラスのレベル15のクラスクエストを終えていてかつレベル30以上だと、

    グランドカンパニー前の異邦の詩人からレベル30のクラスクエストスキルを習得できます。

    個別記事の管理2013-06-24 (Mon)
    各クラスアクション雑感シリーズがあまりにも役に立たないと自分の中で話題だったので
    今回はβ3で実際プレイする範囲の立ち回りを例によってやってないクラスの分まで解説していきます。

    とりあえず最初は槍術士から行ってみます。


    ▼レベル1~7
    トゥルースラスト→ボーパルスラスト
    のコンボのみ

    ▼レベル8~11
    ソロの場合は
    トゥルースラスト→ボーパルスラスト
    の基本コンボ
    パーティーバトルの場合は
    背面からインパルスドライブ連打

    ただしダンジョンはレベル15~なので、
    ギルドオーダーでしかこの立ち回りはありません。

    ▼レベル12~25
    ソロプレイ時はいつものトゥルースラスト起点コンボ。

    パーティープレイ時は
    側面からのヘヴィスラストで自己バフをつけて背面からインパルスドライブ連打。
    バフが切れるたびにヘヴィスラスト。

    もしヘヴィスラスト、インパルスドライブを撃つタイミングで、
    位置が取れなさそうなら無理をせずにトゥルースラストコンボを使用。
    ボーナスがないとヘヴィスラスト・インパルスドライブ共に非常に弱いので。

    ピアシングタロンは、ヒーラーに雑魚が走っていったのを見えたら助けるのに使ったり、
    ダンジョンなどでHPが極端に低い雑魚を狩るのに使ったりしましょう。
    ハラタリの第一ボスやラスボスに出てくる火の玉や、トトラクの繭掃除に向いてます。

    ライフサージはCD毎に使用。

    ▼レベル26~35
    ソロプレイ時はいつもと同じ。

    レベル26になってフルスラストを覚えたら、
    側面でヘヴィスラスト→トゥルースラスト→ボーパルスラスト→フルスラスト
    をずっとやってれば最大ダメージ、位置を変えなくて良い分今までより楽。

    二段突きを覚えていたら、
    ヘヴィスラスト→二段突き→トゥルースラスト→ボーパルスラスト→フルスラスト→ヘヴィスラスト→トゥルースラスト→ボーパルスラスト→フルスラスト

    ライフサージは単純にCD毎でなくフルスラストの直前に使用。
    捨身を覚えていたらCD毎に使用していく。


    ⇩宜しければ是非クリックお願いします、励みになります。


    Theme : 新生FF14エオルゼア * Genre : オンラインゲーム * Category : β3
    * Comment : (5) * Trackback : (0) |

    本当に助かります!! * by KAZUXILE
    こういう記事は本当に初心者にはありがたいです♪

    何していいかとか分からなくて、PTなどでは迷惑かけてるんじゃないか??とか心配になってしまいます^^;

    でもこういう立ち回りなどご指南してもらえると、本当にありがたいです!!

    感謝です^^

    Re: 本当に助かります!! * by Ez8
    コメントありがとうございます!

    ちなみに高レベル帯のローテーションは記事ではああは書きましたが単純に、
    ヘヴィスラスト→ボーパルスラスト→フルスラスト
    をやってるだけの場合と実際は5%ちょい位しかダメージが上がらないので、
    慣れない内は基本コンボだけでも大丈夫ですよー。
    向きも関係ないので慣れてくるまではたぶんこっちの方がダメージが安定して出せます。

    参考になりました! * by Claire
    タイタン鯖で槍をやっていますが、オンライン初でPTなどもアタッカーとしてどうすればいいか分からない時に、この攻略日誌を見つけて、とても参考にさせていただいています!
    ありがとうございます!

    DDクラスアシストマクロ * by たけし。
    PT時のDDには皆有効なマクロを追記しておきます。
    /as <4> (盾のソーシャル番号)
    /ac フェイント (自分の場合はディバフ付与してから殴りだします)

    このマクロを使えば盾がターゲットを取ってるMobを即座に攻撃できるのと同時に誤って他のMobを殴る回数が減るので敵視をもらわなくて済みます。

    ※CFなど突入時に必ずソーシャルを確認する癖を付けておいてください。

    Re: DDクラスアシストマクロ * by Ez8
    >たけし。さん
    アシストマクロについては別記事↓にて紹介しています。
    http://neoff14.blog.fc2.com/blog-entry-36.html

    アシストに初撃まで含めるかどうかについては議論の余地がある気がしますね。
    ただファーストアタックをフェイントにするのはヘイトコントロール的な意味でも有効なので
    本サービス向けの立ち回り記事にて追記させて頂きます。
    情報ありがとうございました!

    個別記事の管理2013-06-23 (Sun)
    トトラクは書くことが殆ど無いですが一応。


    ・脇道にある宝箱から装備は出ないので無理に取りに行く必要は無し。

    ・リンクしても移動せずに位置固定の花みたいな雑魚がいるので
     タンクは部屋の中を注意して見回すこと。

    ・途中で壁が閉まって部屋の中に吸い込まれるギミックがあるので、
     必ずタンクが先頭をあるくこと、耐久力の低いクラスが先頭に吸い込まれるとちょっと危険。
     壁にパーティーが分断されても、殴ればすぐ壊れるので、慌てずに壁を殴ること。

    ・ラスボス戦はまず最初に遠距離持ちのクラスが繭を掃除することからスタート。

     雑魚が途中に湧いてくるので優先して処理、タンクはしっかり雑魚のヘイトを取ること。
     
     途中から地面に毒の沼地を湧かせるようになるので、
     タンクは沼地からボスを外れるように誘導、
     なお、この時尻尾に攻撃判定が発生するので破壊すると沼は新たに沸かなくなる。


    やだ・・・、書くこと無さすぎ・・・。

    ⇩宜しければ是非クリックお願いします、励みになります。


    Theme : 新生FF14エオルゼア * Genre : オンラインゲーム * Category : β3
    * Comment : (0) * Trackback : (0) |
    個別記事の管理2013-06-23 (Sun)
    手抜き記事第三弾、レベル上げの導線が途切れたのでペースダウン中。

    ・鉄鎖のウィンチはランダムで敵か宝箱が出てきます。
     近所の敵とリンクすると危なくなることがあるので、
     側の敵を処理してから開きましょう。

    ・最初のボスは追加の雑魚がマップの焚き火みたいな所に向かっていって
     焚き火にたどり着いたら爆発するという仕組み、処理しなくても勝てる。
     小さい火の玉の雑魚の爆発は非常に僅かなダメージなので、処理するとしたらデカイ奴だけでいい。

    ・初見殺しの帝王、第二ボス。
     体と地面の色が変わると完全無敵、

     更にその間、紫色になっている地面から強烈なDOTダメージが入るのでこれで初見はまず死ぬ。
     なので地面の色が変わったらすぐに坂に避難。
     タンクはあらかじめ坂の側までボスを引っ張っておくと避難が楽。

     レヴィンシャワーは威力が低い上、当たり判定がわかりにくく、
     避けにくいので、タンクは無理して避ける必要はないです。

    ・ラスボス、最初のボスと同じギミック。
     ただしこっちはマップではなく、ボスに追加の雑魚がたどり着くと爆発。

     たぶん細かい雑魚を処理している暇はないので無視で、
     ファイアスプライトを召喚するとタムタラのイカのボスと同じく完全無敵なので、
     ファイアスプライトが湧いたら速攻で処理、一回に付き3匹湧きます。

     ダブルスマッシュはそこそこ痛いので詠唱が見えたら避けましょう。


    ※6/23 12:43 追記
     初回挑戦時に何故かファイアスプライトが召喚されず、
     ラスボスの無敵が無い状態で戦ってたので適当な攻略を書いてしましました。
     記事は修正済みです、バグ報告逝ってきます。

    ⇩宜しければ是非クリックお願いします、励みになります。


    Theme : 新生FF14エオルゼア * Genre : オンラインゲーム * Category : β3
    * Comment : (1) * Trackback : (0) |

    * by -
    こういうブログ探してました!これから全ページ読み漁ります。
    自分もハラタリラスボス弱いからとパーティ巡って四連戦しましたが、四戦目でファイアスプライトが出てきて「あれ?なにこれめんどくさい!」ってなりました。どっかにバグフラグでもあったんですかね。

    個別記事の管理2013-06-22 (Sat)
    手抜き記事と評判の超簡易メモ第二弾、イフリート戦。

    イフリートは前方範囲攻撃を連発するので
    タンクはイフリートを壁側に向かせる。

    イフリートのエラプションは遠距離クラスを
    を優先して狙う傾向にあるので幻・呪・弓は足元をよく見ましょう。
    また、遠距離の中でランダムターゲットなので遠距離持ちは互いに離れて立ったほうがいいです。
    同じ場所に立ってると毎回エラプションを避けなければならないので。

    途中でセリフを喋った後に楔を出すので、それを全員で全力攻撃。
    これを壊せなかったら直後に撃ってくる地獄の火炎で全滅確定。

    その後からイフリートは光輝を使用してくるようになる。
    これはタンク以外が食らうとほぼ死にます。
    楔を壊した後はより一層足元をよく見ましょう。


    まとめ、
    イフリート戦は足元をよく見ましょう。

    ちなみに足元でに出てくるエフェクトの見た目より実際の当たり判定は若干広めな感じなので、
    ギリギリで避けずに、ある程度余裕を持つといいでしょう。

    ⇩宜しければ是非クリックお願いします、励みになります。


    Theme : 新生FF14エオルゼア * Genre : オンラインゲーム * Category : β3
    * Comment : (0) * Trackback : (0) |
    個別記事の管理2013-06-22 (Sat)
    超簡易メモです、画像とか無いです。

    カッパーベル以外書くことあんまりないですが、
    あとでちゃんとした記事を改めて書くかも。

    ▼サスタシャ
     ・道中のデカい二枚貝みたいな奴は生かしておくと一生シェイドを吐き出し続けるので
      シェイドはほっといて二枚貝を速攻で倒す、DPSはシェイドは最初は放置でいい、
      ただし呪術士など強力な範囲攻撃を持っていたら範囲攻撃で処理したほうが安定する。

     ・三色の珊瑚はダンジョン入ってすぐ奥の部屋の紙に正解の色が書いてある、色は固定でなくランダムらしい。

     ・船長が逃げたら深追いする必要なし

     ・ラスボス戦は追加の雑魚優先で、リミットブレイクLV2溜まったら
      格闘か槍がボスに使用するか、雑魚をあえて残して呪術にリミットブレイクで一掃させるかの二択

    ▼タムタラ
     ・最後のイカちゃんは追加で出てくる雑魚が生きている最中は完全無敵なので確実に雑魚優先で。
      インプが端っこの方に居たりするのでよく見回すこと。

    ▼カッパーベル
     ・雑魚がたくさん湧いてきて最後にデカイのが出てくるボス戦、
      あの最後のデカイのは非常に強力な自己バフをキャストするみたいなので
      キャストバーが見えたらだれでもいいのでスタンを連打。

     ・プリン戦、発破装置を使用した時に湧いてくるボムの自爆をプリンに当てるゲーム。
      DPSはボムもプリンも殴る必要なし、
      ボムのHPは非常に低いのでタンクも普通の攻撃技を振るべきではない、
      剣ならフラッシュ、斧ならオーバーパワーでヘイトを取る。

      ボムを湧かせた後にスプリガンが湧いてボムを殺しに行くので、
      DPSはスプリガンを最優先で処理、DPSの仕事は発破装置に起動とスプリガンの始末。

      3回だったか4回くらい当てるとプリンにダメージが通るようになるので
      最後は範囲攻撃祭りで終了、この時だけDPSはプリンに攻撃する。

     ・ラスボス戦、基本的な戦術は湧いてくる雑魚を優先して倒し、
      雑魚が湧く穴を増やさない事が重要。

      ただゴリ押しも可能で、その場合はリミットブレイクが欲しい。
      雑魚がたまってやばくなった所で呪術のリミットブレイクで一掃か、
      ちょっとでも早くボスを倒すために槍・格のリミットブレイク、たぶんどっちでもいける。
      あと穴を掘りに行く雑魚はバインドは効かないがヘヴィは効くので、
      穴から出てきた瞬間にブリザドかストーンをいれると時間稼ぎが出来る。

      ボスはコロッサススラムと言う前方扇状の強力な範囲攻撃を繰り出してくるので、
      キャストが見えたら必ずボスの裏に回るように、DPSはそもそもボスの前に立たない様に。

      タンクはコロッサススラムがDPSに当たらないように、雑魚の位置とボスの向きを逆にする様に立つ。
      穴掘りしてる最中の雑魚はタンクは殴る必要なし、DPSに任せましょう。
      DPSは穴を掘り始めた辺りから殴り始めればいい、移動中に殴るのはロスなので。
      タンクは穴掘り場所の側までボスを引っ張っていくこと。


    ⇩宜しければ是非クリックお願いします、励みになります。


    Theme : 新生FF14エオルゼア * Genre : オンラインゲーム * Category : β3
    * Comment : (4) * Trackback : (0) |

    * by 通りすがり
    攻略メモとても参考になりました。ひとつ質問なのですが文中にある「DPS」はdamage per secondの略でしょうか?

    Re: タイトルなし * by Ez8
    DPSはその通りの略なのですが、MMOでは転じてアタッカー役の事を指す事があります。
    この記事で使っているDPSはアタッカー役を指す意味の方で使っていますね。

    * by -
    サシャスタのサンゴはステージの最初の方にヒントが書いた紙が落ちてる

    Re: タイトルなし * by Ez8
    ああ、やっぱりそうでしたか。
    一度ヒントの紙をクリックして青がどうこうとか書いてあった気がしたんですが
    よく読まなかったので確証が無かったんですよねw

    教えていただいてありがとうございました!

    個別記事の管理2013-06-21 (Fri)
    さて思いつきで始めたものの息切れ感が半端ない本企画もついに最終回。
    格闘士を見て行きましょう。


    モンクは「型」というバフが付いている時に撃てるWSが変わるという特殊なクラスです。
    「型」は「壱の型」「弐の型」「参の型」三種類があり、
    それぞれに対応する技を打つと1→2→3→1→2→3→・・・と順々に型が入れ替わって行きます。

    それでは型に対応したWSを見て行きましょう。

    「壱の型」

     壱の型の対応スキルは初動スキルでもあるので、
     壱の型でないと発動できないというものではありません、
     ただし型が付いていると追加効果が発動します。

     ・連撃
      壱の型の時に背面攻撃するとクリティカル確定
     ・壊神衝
      自分中心範囲攻撃(5m)、1秒サイレス付与、インタラプト用。

    「弐の型」

     ・正拳突き
      背面攻撃時に自身にクリティカル率5%上昇のバフをつける
     ・双掌打
      与ダメージ5%上昇バフを付与

    「参の型」
      
     ・崩拳
      格闘士最強バフ、疾風迅雷付与。
      効果は与ダメージ7%アップ攻撃速度5%アップ特性によって3スタックまで貯まる。


    スタートは
    連撃→双掌打→崩拳
    で開始し、

    連撃→正拳突き→崩拳
    をベースに。

    双掌打のバフが切れたら正拳突きでなく双掌打と言った感じでしょうか。

    パーティープレイ時は、格闘士のスキルにはほぼ全てに位置ボーナスが付いているので、
    常に適切な位置に移動することを心がけましょう。


    このクラスは疾風迅雷が3スタックしている状態を維持し続けるという事に、
    DPSの全てがかかっているといっても過言ではありません。

    なのでもしボスから離れなくては行けない状況になっても、
    近所に殴れる雑魚がいたら疾風迅雷をキープするために殴っておきましょう。
    もしくはボスからの離れ際にはなるべく崩拳を撃ってから離れる事を意識するといいです。

    踏鳴はリキャストも長いですし、一見微妙なスキルに見えますが、
    疾風迅雷を5秒で3スタックまで復帰できるスキルなので、格闘士にとってはかなり有用なスキルです。


    格闘士は基本的にシングルターゲットに特化したクラスのようです。
    範囲技は壊神衝と空鳴拳があるにはありますが、
    壊神衝は攻撃技ではなくインタラプト用スキルのようですし、
    空鳴拳はいくらなんでもリキャスト長すぎなので微妙です、これは調整されそうな気がしますが・・・。


    構えについては疾風の構えは基本的にPvP用な気がするので、
    PvEでは金剛の構えにしておくといいでしょう、攻撃系の構えも欲しいですね、モンクにあるのでしょうか?

    あとはリキャスト毎に各種アビリティを撃っておくというくらいですかね。

    メインクラスで格闘をやっていくなら槍の気合と捨身が超強いので必ず取りに行きましょう。
    β3では捨身を取れないので別に上げなくてもいいですが。

    モンクは剣術士のスキルも使えますがタンクではないので、こちらのレベルは上げる必要はないでしょう。
     

    ⇩宜しければ是非クリックお願いします、励みになります。


    Theme : FINAL FANTASY XIV * Genre : オンラインゲーム * Category : β3
    * Comment : (2) * Trackback : (0) |

    * by P
    モンクは攻撃力+10%の紅蓮の構え持ちますね

    Re: タイトルなし * by Ez8
    >Pさん

    おお、情報有り難うございます!
    ではモンクになるだけでDPS10%上がるんですねー、ジョブ強い・・・。

    個別記事の管理2013-06-21 (Fri)
    もう今日からβ3第二回始まるし、格闘士の話は書かないまであるテンションな今日この頃、
    今回はもしかしたら本企画最後になるかもしれない6クラス目、弓術士です。


    このクラスはソロでの逃げ撃ちが楽しい系のクラスですね。

    バインドも持ってますし、走りながら撃てますし、
    近づかれてもリベリングショットがあるので、
    遠距離持ってない相手だったら基本無敵です。

    ストレートショットに自己バフが付いてますが、
    正直効果はそこまで高くないので維持すべきかどうか悩む所です。

    ストレートショットよりもヘヴィショットのProcを狙ったほうが効果が高い気がします。
    Proc後にストレートショットを撃てばどうせバフは付きますしね。
    ストレートショットの追加効果時間は20秒で、ヘヴィショットは5回に1回はProcするので、
    Procしてない時にストレートショットを撃つ意味はない気がします、たぶん。

    ベノムバイトは普通に威力が高いので、DOTは常に維持しましょう。
    特に特性が乗った後は相当強いスキルです。

    ウィンドバイトの追加効果もあるので、
    ベノムバイト・ウィンドバイトのDOTをキープできると結構DPSに差が出そうです。

    あとはリキャスト毎にブラッドレッターを挟みつつ、
    20%切ったらミザリーエンドでしょうか。

    ブラントアローは効果時間を見るに、露骨にインタラプト用ですね。

    ちなみにオートアタックの強さがイマイチ見えない現状、
    乱れ撃ちが超地味に見えますが、実はこれ普通に強いです。

    オートアタックはベースダメージの10%-15%程度と予想されますが、
    これが倍になるので総ダメージ10%アップと大して代わりません。
    特性付いたらダメージ20%アップと考えていいレベルです。

    ただ猛者の撃の方が瞬発力も出しやすいですし、
    そもそも効果時間も倍長いので正直同じリキャストなのは納得出来ません。
    これはまだ未調整なのかもしれません。

    単体相手だと、2つのDOTと維持しつつ、
    ヘヴィショットを撃ってProcが発動したらストレートショット
    Proc or リキャスト毎にブラッドレッター、その他アビリティを挟んでいく、という感じですかね。

    範囲攻撃は全クラス一豊富で、
    設置DOTにコーン型、ターゲット中心型と
    バラエティに富んでいます。

    複数相手の基本はフレイミングアローを最初に置いて、自分の立ち位置をみつつ、
    クイックノックかワイドボレーを選択する感じでしょうか?同じ威力ですし。

    範囲攻撃は思わぬヘイトを貰いがちですが、
    そんな時の為に静者の撃があるのでやばいと思ったら使いましょう。


    こんな感じでしょうか、他のクラスよりは結構簡単そうですね。
    遠距離攻撃なので立ち位置も楽ですし、初心者向きのクラスかもしれません。

    レイドボス戦では大抵遠距離が有利になりがちなので需要もあるでしょうし、
    そもそも吟遊詩人は支援クラスで確実にパーティーに1席はありそうですし、
    割りとオススメなクラスなのではなかろうかと思ったりしてます。




    次は格闘士か・・・、どうしようかな・・・。

    ⇩宜しければ是非クリックお願いします、励みになります。


    Theme : FINAL FANTASY XIV * Genre : オンラインゲーム * Category : β3
    * Comment : (0) * Trackback : (0) |
    個別記事の管理2013-06-20 (Thu)
    さてついに現状唯一のヒーラーの幻術士の番ですよ、と。


    幻術士は普通に高性能なダイレクトヒールとパーティーヒールを持ってて。
    シールドもあり、デバフ解除スペルもあるという一通りは揃ってるヒーラーですね。

    足りないものがあるとすれば、HoTでしょうか?
    でもリジェネは白魔道士になれば取得できる予感がしますね。

    あと気になるのはインスタントキャストのヒールが無いので、
    ピンチの時のリカバーがしにくいことでしょうか?
    ダイレクトヒール系のアビリティが欲しい所です。白に期待。

    インスタントがない部分は呪術士レベル26の迅速魔を取って補いたい感じです。
    それがあれば0秒でケアルガやメディカラが撃てますからね、
    このインスタントヒール不足を考えるとかなり大きいです。

    見た感じHPSを考えるとケアルラを覚えたらケアルを使う意味はなさそうですが、
    MP管理の関係でケアルとケアルラを適切に使わける感じになるのですかね。
    ケアルの追加効果にケアルラMP消費0がありますし。

    あと回復で気をつけるポイントとしては、
    メディカ系はかなり高性能にみえますが、
    ヘイトが物凄く高いのでなるべく使わない様に立ちまわった方がいいです。


    回復はこんなところですかね。

    攻撃面だと、ストーンにヘヴィがついていて、
    アクアオーラで距離を取りつつ足止めが出来て、
    エアロを走りながら撃てるので、逃げ撃ちを主体とした戦いが出来そうです。

    ストーンとストンラはDPS的にはストーンに存在価値は無いですが、
    追加効果のヘヴィがポイントですね、逃げ撃ちしやすくなるのは大きなメリットです。

    エアロとエアロラの追加効果の威力値が違うので、
    もしかしたら両方同時に入るのかもしれませんが、
    なにせエアロラは検証をすることが出来ないので謎ですが。

    クルセードスタンスがアビリティなのもいいですね、
    切替時に隙が無いので切り替えが楽です。
    パーティープレイ時にダメージを出す余地を残してるのはいいと思います。

    ⇩宜しければ是非クリックお願いします、励みになります。


    Theme : FINAL FANTASY XIV * Genre : オンラインゲーム * Category : β3
    * Comment : (0) * Trackback : (0) |
    個別記事の管理2013-06-20 (Thu)
    さて、インスタンス詰まりでダンジョンもやれずに終わってしまって、
    プレイ関連のネタがなかったために次のテストまでの繋ぎと思って始めてみた本企画、
    この記事でまだ半分という事実に若干心が折れそうです。

    そんな折れそうな自分を奮い立たせつつ、
    今回は中二心をくすぐるクラスNO1と名高い槍術士を語ってみます。

    なお、私自身は例によって大して槍術士をプレイしておりません。



    槍術士は見た感じ、自己バフとデバフを維持しながら、
    基本コンボを入れるというクラスの様です。

    自己バフはヘヴィスラストの攻撃力10%上昇、効果時間は特性付きで15秒。

    デバフはディセムボウルの突耐性-10%と桜華狂咲のDOT、効果時間は特性付きで各々30秒。
    +二段突きのDOTを18秒。

    これらを常に維持すると考えると、GCDを仮に2.5秒のままと想定した場合のルートはこうなります。

    二段突き→ヘヴィスラスト→インパルスドライヴ→ディセムボウル→桜華狂咲→トゥルースラスト→ボーパルスラスト→フルスラスト
    →二段突き→ヘヴィスラスト→トゥルースラスト→ボーパルスラスト→フルスラスト→インパルスドライヴ→ディセムボウル→桜華狂咲→二段突き→ヘヴィスラスト→トゥルースラスト→ボーパルスラスト→フルスラスト→トゥルースラスト→ボーパルスラスト→フルスラスト


    1ループとして見てしまうと異様に長いように見えますが、別に覚える必要はなく、
    コンボの初段を撃つタイミングで、自己バフが切れてるor切れそうなら二段突き→ヘヴィスラスト、
    相手のデバフが切れてるor10秒以内で切れそうなら桜華狂咲ルート、
    そうでないならフルスラストルートです、そう考えるとさほど難しくありませんね。

    ちなみに二段突きをヘヴィスラストの前においてるのは、フルスラストにヘヴィスラストの効果を乗せるためです。

    ループの難易度自体はそうでもないのですが、
    ヘヴィスラストとインパルスドライブがそれぞれ側面・背面でないと、
    効果が格段に落ちてしまうので位置取りを考慮する必要があるのがやや厄介なポイントですね。
    タンクさんにはあまり動いてほしくないものです。

    リキャスト毎に撃つのは最強強化アビリティの捨身や
    弓LV4の猛者の撃も挟んでいく必要があるでしょう。

    ライフサージは効果を考えると、リキャスト毎でなくフルスラストの直前に挟んでいく感じでしょうか?

    単体相手だとこんな感じですね、思ったより大分忙しそうなクラスです。

    単体だけでなく範囲攻撃も2種類用意されていて、
    攻撃面に関しては全方面対応できそうですね。
    流石はピュアアタッカーと言った所でしょうか。


    槍術士は何気に他クラスで使用可能なスキルが異常に優秀なクラスで、
    全クラスで唯一のTP回復技である気合(レベル22取得)、
    最強のDPS用バフアビリティ、捨身(レベル36取得)がかなり強力です。
    捨身はこれだけで平均DPSが5%向上するという鬼スキルです。

    槍術士の技を引き継げるジョブを持っているクラスである、
    弓術士・格闘士は完全にこれらを取ることを強いられてますね

    弓術士・格闘士の方はおとなしく槍術士をレベル34まで上げましょう、頑張ってください!


    ※2013/6/24追記、二段突きの効果間違えてました、エアーでスミマセン・・・。

    ⇩宜しければ是非クリックお願いします、励みになります。


    Theme : FINAL FANTASY XIV * Genre : オンラインゲーム * Category : β3
    * Comment : (2) * Trackback : (0) |

    参考になります!! * by KAZUXILE
    新生からFF14を始めようと思っている、通りすがりの初心者です!

    槍術士をメインでプレイしようと思っているので、すごく参考になりました^^

    勉強になる記事ありがとうございました!!

    まだ理解できない部分もありましたが、習うより慣れろ!!ですねw

    またブログ拝見させてもらいますので、更新期待しています(^^♪

    Re: 参考になります!! * by Ez8
    >KAZUXILEさん

    β3で辿りつけないレベル50での話をしてるので
    この記事はあまり参考にならないと思いますよw

    フルスラストを覚える前の低レベル向けのアドバイスとしては、
    ソロプレイ時は敵が自分の方向にほぼ向いているので側面や背面はとれないので、
    トゥルースラスト→ボーパルスラストのコンボだけやってれば良くて、

    パーティープレイの時は側面攻撃でヘヴィスラストの攻撃力アップの効果を維持しながら
    背後に回ってインパルスドライブ連打すると一番ダメージが高いです。

    レベル26になってフルスラストを覚えたら、
    側面でヘヴィスラスト→トゥルースラスト→ボーパルスラスト→フルスラスト
    をずっとやってればOKかと思います。

    個別記事の管理2013-06-19 (Wed)
    さて本シリーズ三回目となる今回は本当に1秒も触ったことの無いクラスの話をするとしますよ。
    もしかしたら私の様な人間の事を、いわゆるエアーと呼ぶのかも知れません。

    今回は旧FF14だと唯一のキャスターDPSだった呪術士についてです。


    呪術士はファイア系のスペルを撃った時に付与される、
    MP自動回復速度ダウン、ファイア系魔法の消費MP・威力上昇の効果がつく、
      アストラルファイア

    ブリザド系スペルを撃った時に付与される、
    MP自動回復速度アップの効果がつく
      アンブラルブリザード

    この2つのバフを制御しながら戦います。
    それぞれのバフは最大3つずつスタックしスタックした分効果が上昇します。

    双方が同時に付くことは決して無く、それぞれが排他の存在となります。

    最大DPSが出る瞬間はアストラルファイアレベル3状態でファイア系を撃つことなので、
    呪術士の大方針としては、
    ファイアバフがスタックしている状態でより多くのファイアを撃つ
    ということを追求することになります。

    一番最初に思いつくのは
     MP切れまでファイアを撃ち尽くす→トランスorブリザガ→MP全開までブリザド連打→ファイアorファイガ→ループ
    というルートです。

    基本的にはこのルートの中に、DOTを常にキープできるようにサンダー系を挟んでいく感じでしょうか?

    サンダーの話が出た所で新生FF14のDOTの威力計算について説明しておきます。
    サンダラの説明文をサンプルに見て行きましょう。

     対象に雷属性魔法攻撃。 威力:50
     追加効果:対象に雷属性の継続ダメージを付与する
     威力:40 効果時間:15秒

    サンダラの効果は上記の様に説明されています。
    新生FF14だと、DOTの追加ダメージは3秒1tickで発生する様です。

    なのでこの場合サンダラ一発の総威力は
     50+40✕(15÷3)=250
    となります。

    ここで気になるのは、これらの魔法に一切インスタントキャストのスペルが無いことですかね。
    この手のMMOに於いて、ローテーション中のインスタントキャストのGCD中は基本的に移動時間になります。

    ボス戦で移動を強いてくるギミックは結構あるので、
    そういう時に、如何に移動をGCDの間だけで済ませる事が出来るか?という技術でDPSに差がでてきます。

    こういう視点で見ると、このクラスは移動できないキャストスペルで
    ローテーションを埋め尽くされているため移動に非常に弱いクラスに見えます。

    難しいボスほど移動をやたら要求してくるのでこれは死活問題です。

    ただ、特性効果で、サンダー効果アップ、ファイア効果アップが割りと高確率で発生し、
    これが発生すると、インスタントキャストが撃てるようになるので、
    この特性の発生頻度が非常に重要になって来そうです。

    常にサンダー系のDOTを維持し、ファイアを出来るだけ多く撃つことによって、
    棒立ち時のDPSだけでなく移動にも強い立ち回りとなりそうですね。


    以上のことから呪術士は、攻撃面だけでもDOT管理、Proc管理、スタンスチェンジと、
    十分に忙しくなりそうですが、他にもヘヴィ・バインド・スリープと便利なスペルが揃っているので、
    レイドでは色んな仕事を任される非常な重要な役回りが待っている予感がします。

    移動が不便な時点で相当上級者向けのクラスですし、
    レイドでも他の職より多くの仕事をこなす必要がありそうなので
    やりこみよってかなり成果に差が出るクラスになっていそうですね。

    ⇩宜しければ是非クリックお願いします、励みになります。


    Theme : FINAL FANTASY XIV * Genre : オンラインゲーム * Category : β3
    * Comment : (2) * Trackback : (0) |

    すごいわかりやすいです^^ * by ねこ魔人@FF14
    呪術で検索してここにたどり着きましたが、斧とか槍も興味出て来ました!でもリアルが忙しくて、βもろくに遊べない状況なのが辛い。
    おそらく次回も;;

    色々勉強になりますので今後も参考にさせて頂きます^^

    Re: すごいわかりやすいです^^ * by Ez8
    >ねこ魔人さん

    ありがとうございます!
    β3用の~35までの呪術士の立ち回りの記事も書きますのでよろしければ是非見ていってください!

    個別記事の管理2013-06-18 (Tue)
    クラスアクション雑感、第二回は前回の剣術士に引き続いてタンクシリーズ第二弾、斧術士です。

    例によって、キャップまでやった訳でもエンドコンテンツをやった訳でもない妄想による適当雑感です。



    斧術士は前回紹介した剣術士と違い、
    同じタンクでもかなりテクニカルな方向に振ったタンクの様です。

    単純に防御力を向上させるスキルもあるにはありますが、
    フォーサイトだけ、しかもリキャストが同じ剣術のランパートと比べると、
    カットするのは物理のみというちょっと心許ない感じがします。

    あと他の防御用のアビリティはスリル・オブ・バトルでしょうか?
    これはぱっと見ストンスキンの劣化自己バフ版に見えますね。
    まぁアビリティで即時発動出来るのとそもそもストンスキンと両立できるので意味はありますが。

    このスキルはポーションの代わりにしてはちょっとCD長すぎなのであまり頼れなさそうです。

    エンドコンテンツの超強いボスが物凄い攻撃をしてくるとわかってる時に、
    これを付けて回復してもらってHP120%の状態で喰らう、と言った使い方が一番効果的ですかね。

    ディフェンススキルのCDが長く、数も剣術士より少ないので、
    基本的にこのクラスのディフェンスの方法は
    攻撃することによってHPを自己回復する。
    という方針が基本のようです。

    攻撃と防御が一体なのが面白いですね。

    コンボルートも面白そうです。
    • ヘイトアップルート
    • HP回復ルート
    • 攻撃特化ルート
    の三種類があり、どれも使い所が多そうです。

    とりあえずは最初はヘイトを安定させるために、
     ヘヴィスウィング→スカルサンダー→ボーラアクス
    のルートで一旦安定させ、

    十分ヘイトが稼げたタイミングで
     ヘヴィスウィング→メイム
    ルートへ移行

    さらにここから、自分のHPが減っていたら
     メイム→シュトゥルムヴィント

    攻撃特化したいなら
     メイム→シュトルムブレハ
    と言った所でしょうか?

    シュトゥルムブレハの斬属性ダウンは明らかに自分専用ですが、
    もう一つの回復効果半減はPvP用ですかね、PvPだとかなり嫌な能力に見えます。

    止め用スキルのマーシーストロークも中々面白そうです。
    アビリティですし積極的にフィニッシュブローを取りに行きましょう。

    こんな感じで攻撃スキルはかなり充実していて、
    剣術士と比べて幅は格段に広い様に見えます。

    CC系スキルについては剣術と違ってスタンがWSではなくアビリティなので
    撃ち放題ではないですが、リキャストが30秒と短く、
    アビリティなのでGCDに影響されず撃てるのでもしかしたらインタラプト用スキルとしては
    剣術士のシールドバッシュよりも使いやすいかもしれません。

    範囲については、コーン型範囲攻撃のオーバーパワーになります。
    自分中心範囲のフラッシュよりも当てづらいので、
    立ち位置にテクニックが要りそうです。

    敵の配置によっては良い感じの配置にするのが難しいケースが発生しそうなので、
    剣術のフラッシュを取っておきたい所です。レベル8で取れますし。

    ただフラッシュを取ってもMPが物凄く低い性質上、連発は出来ないので、
    フラッシュを一発だけ撃ってとりあえずヘイトを薄く撒き、
    その間にオーバーパワーで全体をカバーできる立ち位置を作る必要がありそうです。

    さてここまで書きましたが、斧術士最大の問題は
    挑発が無いことです。

    挑発の効果については前回の記事を参照して下さい。

    この挑発の性能はMMOでは非常にポピュラーなスキルなのですが、
    この手のスキルがあるゲームは必ずといっていいほど、
    エンドコンテンツのレイドボスバトルに於いて、
    タンクのスイッチを要求するギミックを用意してあります。

    なので新生FF14も例に漏れないでしょう。
    スイッチをするためにタンクは挑発を持ってなければなりません。

    このことからエンドコンテンツで斧/戦士で盾をする場合。
    ほぼ確実に剣術で挑発を取る必要が出るでしょう。


    以上をまとめると、ディフェンスアビリティの不足や、
    便利なヘイト取得スキルが足りてないこと等から、
    他のスキルを積極的に取りに行く必要があるクラスに見えます。

    ディフェンスアビリティの不足の解消用に、
    格闘士レベル8の内丹、剣術士レベル10のコンバレセンス

    使いやすい自分中心範囲ヘイトスキルである
    剣術士レベル8のフラッシュ

    そして最重要な剣術士レベル22の挑発。

    この辺を一通り網羅すれば、一人前のタンククラスとして完成しそうです。

    1クラスで完成してる反面、やれることが決まっている剣術士に対し、
    1クラスでは未完成な代わりに、トリッキーな事が出来る斧術士と言った所でしょうか。

    同じタンククラスでも個性付けが出来ていそうで楽しみです。

    ⇩宜しければ是非クリックお願いします、励みになります。


    Theme : FINAL FANTASY XIV * Genre : オンラインゲーム * Category : β3
    * Comment : (2) * Trackback : (0) |

    ジョブ * by クロマメ
    初めまして。
    各クラスの雑感を楽しく読ませて貰いました。

    βではジョブが実装されて無いのですか?
    詳しいスキルとかもジョブは、まだですか?

    クラスの雑感が終わったらジョブ期待してますー。

    Re: ジョブ * by Ez8
    >クロマメさん

    ジョブは次回のテストの引き継ぎキャラのみ試せるらしいです。

    新規や旧版でジョブを取ってなかった人はまだジョブにはなれないようですね。

    とは言え、この雑感も実際やって書いてるわけではないので、
    次回の引き継ぎプレイヤーへの公開の時に情報が出てきたら
    それをもとに(気力があれば)書いてみますー。

    個別記事の管理2013-06-18 (Tue)
    β3で見えている各クラスのクラスアクションを眺めてみた雑感。
    実際プレイした感想ではないのでかなり適当です。

    全部まとめると物凄い長い記事になりそうなので、
    クラスごとにやって行きます、とりあえず剣術から。


    剣術士は非常にベーシックなタンククラスです。

    防御面で見ると、
    • ランパート
      被ダメージ20%カット、効果20秒間、リキャスト90秒
    • コンバレセンス
      被ヒール量30%アップ、効果20秒、リキャスト90秒
    • センチネル
      被ダメージ40%カット、効果10秒間、リキャスト3分

    と、どれも特性が付いた値をみるに非常に高性能なディフェンススキルが揃ってます。

    ヘイト管理に関しても、
    最強のヘイト取得技、挑発を持っています。

    ちなみにこの挑発は一瞬敵を自分に振り向かせるためだけの技だとよく勘違いされますが
    説明文にも書いてあるとおりヘイトトップのキャラとヘイト値を同値にするスキルです。

    例えば味方のあるキャラがあるターゲットからのヘイト値を10000積んでいたとしましょう。
    そしてそのターゲットから自分へのヘイト値が0だったとします。

    この状況で挑発を使うとそのターゲットから自分へのヘイト値は一気に10001(10000+1)になります。

    この積まれた値は永続し、減ったりしません。
    ただし、もともと向いていた味方へのヘイト値とのヘイト差は1しかないので
    その味方がオートアタック一発入れただけでもヘイトトップが再び逆転してしまいます。

    なので、挑発を一発入れた後は必ずヘイト差を安全圏まで付けるための追撃を入れましょう。
    敵視アップ効果の付いた遠隔攻撃がお勧めです。
    剣術ならシールドロブ、斧ならトマホークですね。


    豊富なディフェンススキル、
    リキャストなしのスタン、
    範囲ヘイト稼ぎ用にフラッシュにサークル・オブ・ドゥーム、
    もちろんシングルターゲット用のヘイト稼ぎスキルも充実していて、
    おまけに挑発まで付いている。

    完全に1クラスで完成してる感じです。
    この上、ナイトになると更にタンク特化されるとかどうなってるの・・・?

    ただ欠点としてはダメージを出す手段がほぼほぼ1パターンしか用意されてないことくらいでしょうか?
    ナイトになると分かりませんが、レイジ・オブ・ハルオーネまで覚えたら
    シングルターゲット用のアタックスキルはこれで完成のようです。
    キャップになっても単体相手のスキル回しは1ルートしかありません。

    このあたりは
    「工夫次第でタンクでもダメージを出したい!」
    と思ってる人にはちょっと物足りないかもしれませんね。

    ⇩宜しければ是非クリックお願いします、励みになります。


    Theme : FINAL FANTASY XIV * Genre : オンラインゲーム * Category : β3
    * Comment : (0) * Trackback : (0) |
    個別記事の管理2013-06-17 (Mon)
    このゲームは他クラスで覚えた一部のアクションを、
    別のクラスで使用することができます。

    どのアクションがどのクラスで使えるかは
    アクションの説明にある「行動適正」と言うパラメータを見ると分かります。

    今回の記事では各クラスのレベリングに汎用的に使える便利なものを紹介していきます。


    • 幻術士 レベル8:プロテス
      物理ダメージカット、効果時間は30分。どのクラスで使っても効果が変わらないのでオススメ。
    • 弓術士 レベル4:猛者の撃
      20秒間攻撃力20%上昇、効果時間は20秒、リキャスト3分。ラッシュを掛けたいときに有効。取得が超簡単なのでとりあえずとっとくべき。
    • 格闘士 レベル8:内丹
      最大HPの15%回復、リキャスト2分、弱ポーションと言ったポジション、ポーションと違って上限が無いのが便利。
    • 斧術士 レベル8:ブラッドバス
      15秒間与ダメの25%を回復、リキャスト90秒、効果の性質上DPSが使ったほうが効果が高い、リキャストも短め、生存率向上用。

    低レベルで取得出来て、比較的効果が高いものを列挙しました。
    どのクラスでも使えるものばかりなのでオススメです。


    ちなみに各クラス毎の特化用についてですが、
    このゲームはクラスはソロ用、ジョブはパーティープレイ用と設計されています。

    本格的なエンドコンテンツはまず間違いなくパーティープレイ用コンテンツなので、
    特化のアクションはジョブを軸に考える必要があります。

    ただ、他クラスのアクションでジョブが行動適正に入っているのは、
    2種類ずつくらいしか無いので実質的にほぼ選択肢がありません。

    ナイト 斧、幻
    戦士 剣、格
    モンク 槍、剣
    吟遊詩人 槍、幻
    竜騎士 斧、弓
    白魔道士 
    黒魔道士 

    対応表にすると、こんな感じです。

    特化はカンストのエンドコンテツ用なので正直β3では意味が無いですし、
    巴術士も無いので今回はスルーしておきます。

    あ、β3でも斧をやる場合、剣術のフラッシュと挑発は便利かもしれません。
    ただ挑発はちょっとレベルが高いのでフラッシュだけでも取っておくと便利です。

    多分リリース時にはエンドコンテンツ用に挑発は必須になると思いますが。

    ⇩宜しければ是非クリックお願いします、励みになります。


    Theme : FINAL FANTASY XIV * Genre : オンラインゲーム * Category : β3
    * Comment : (0) * Trackback : (0) |
    個別記事の管理2013-06-16 (Sun)
    新生FF14のレベリングの方法は6つあります。

    クエスト
    FATE
    討伐手帳
    ギルドリーヴ
    ギルドオーダー
    ダンジョン

    で、この中でパーティーによるレベリングはギルドオーダーとダンジョンのみです。
    新生FF14のレベリングはソロを基本に設計されています。

    なお、新生FF14ではコンテンツに紐付かない、
    ただ単にその辺にいるモンスターを倒しても
    非常に少ない経験値にしかならないので、
    FF11やDQ10の様なモンスター狩りレベリングは絶対にやめましょう。

    今回の記事ではこれらのコンテンツを用いた効率的なソロレベリング(※1クラス目)
    をどうするべきかを書いていこうと思います。


    1.クエストは片っ端から全て受ける。

    この手のMMOの基本です。
    基本的にレベリングはクエストを軸にやっていくことになります。

    クエストをこなして行く事によってクエストの誘導により、
    適正エリアを順々に回って行って最終的にレベルキャップまで辿り着くのが
    このジャンルのMMOの基本です。

    ちょっとしたコツとしては一つこなして報告でなく、
    近い場所のクエストは一気に片付けてまとめて報告しましょう。


    2.移動の途中にFATEを見かけたらとりあえず参加

    FATEは時間対効果で言うとクエストよりも経験値が高いコンテンツです。

    ただ、FATEはランダム発生なのでそれだけを狙うのはあまり効率的ではありません。
    (※2クラス目以降のレベル1-14の間でFATE湧き待ちが最大効率になることはあります!)

    なので移動の途中にFATE発生を見つけたら積極的に参加しましょう。

    fate_mini.jpg

    ミニマップにこのマークが見えたら、
    近所にフェイトが発生していることが分かります。

    これが見えたらマップを開いてみましょう。

    fate_map.jpg

    赤丸部分のマークがFATE発生場所です。
    このマークが自キャラの側にあったらついでに寄りましょう。


    3.討伐手帳はクエストと並行処理&穴埋めはクエストを一通りこなしてから

    討伐手帳の討伐対象とクエストの討伐対象が被っている事が良くあります。

    なので討伐手帳ありきで対象モンスターを狩りに行かず、
    クエストをやっている時に対象モンスターが討伐手帳の対象モンスターなら同時にこなし、
    そのエリアのクエストをひと通りこなしたら、後から討伐手帳の穴埋めをしましょう。

    toubatu_log.jpg

    このログが見えたらそれは討伐手帳対象モンスターです。
    クエスト中にこれが見えたらついでに討伐手帳の分もこなしましょう。

    現在のランクを埋め尽くさないと次のランクが解放されないので、
    エリアが変わるときなどに取りこぼしたものを埋めておくといいです。


    以上が基本的なソロレベリングの方法です。

    今回の記事でギルドリーヴを使用していませんが、
    ギルドリーヴをするためのリーヴチケットは有限なので、
    1クラス目のレベリングには使わずに、
    ギャザクラクラス用か2クラス目用にとっておきましょう。

    ちなみに管理人的にはギルドリーヴの一番オススメな使い方はクラフターです。
    バトルクラスやギャザラーは時間さえあればいくらでもレベルを上げられますが、
    クラフターは資金と材料に限りがあるのでリーヴはここで使うのが一番効果的に思います。
    特にHQ品を納品した時のボーナスはとても大きいのでオススメです。

    ⇩宜しければ是非クリックお願いします、励みになります。


    Theme : FINAL FANTASY XIV * Genre : オンラインゲーム * Category : 初心者向け
    * Comment : (0) * Trackback : (0) |
    個別記事の管理2013-06-15 (Sat)
    メインクエスト(なんか火の玉みたいなフレームの「!」がついてるNPCから受けるクエスト)
    で発生するイベントバトルが倒せないと言う方が微妙に居るらしいので、
    数点だけ気をつけるべき事を書いておきます。

    たぶんこの記事で書いてあることを実践すればまず勝てます。


    • 追加で出てきた弱い敵を優先して倒す
    • ボスのHPバーの上に出てくる詠唱バーが見えたら、とりあえずボスの反対側に移動
    • 地面に範囲指定っぽいエフェクトが見えたらそこから避難
    • 死にそうなHPになったらポーションorハイポーションを飲む、ポーションはアクションバーの押しやすい位置に置いておく
    • それでも死んだらNPCのセリフをちゃんと読む、たぶんヒント言ってます
    • それでも死んだら適正レベルでない可能性があります、レベルを上げて装備を替えましょう


    以上です。

    注意するポイントは、
    追加の敵が出てきていないか?
    ボスは何か詠唱し始めてないか?
    地面にエフェクトが発生してないか?
    自分のHPは減っていないかどうか?
    NPCがなんか思わせぶりな発言をしていないか?

    これだけ気をつけながら戦ってくだい。

    あ、ちなみにこのゲームは基本的に
    技の発生最中は基本移動可能です。

    やばいと思ったら移動ボタンを押せばまず移動出来ます。
    ただし魔法の詠唱中に移動するとキャンセルされるのでそれだけはご注意を。

    ⇩宜しければ是非クリックお願いします、励みになります。


    Theme : FINAL FANTASY XIV * Genre : オンラインゲーム * Category : 初心者向け
    * Comment : (0) * Trackback : (0) |
    個別記事の管理2013-06-14 (Fri)
    15分くらい見逃してしまった…。


    とりあえず見たところから、
    頻繁に止まるから漏れも結構あります。
    .
    .
    .
    .
    学者はヒーラー。

    巴術・学者・召喚士動画公開。


    巴術士から学者・召喚士の2ジョブ派生。

    学者のペットは妖精?的な奴。

    他クラスの2ジョブ目は拡張パック前になんか足す。

    DirectX11対応は早い内に、とはいえDirectX9と仕組みが違いすぎるのでチェックは厳密に。

    イシュガルドはエクスパンションで追加。

    釣りはそこまでアクション性を高くはしない、竿・アクション選択・場所選択とかが重要?
    業者対策もあるし魚をそこまで重要なものにはしない。

    蛮神ではないがシリーズの有名モンスターとの対戦コンテンツとかあるよ。

    フェーズ4からアーリーアクセスの間は物凄い短い、3日とか。

    ハウジングは権限がかなり細かい、
    同盟FCメンバーなら可・FCのフレンドまで・全公開
    ハウジング用共有倉庫も個別に権限を設定できる。

    ハウジングは負荷や土地の空き具合をみて、
    大丈夫そうなら早めに個人用の家も開放、

    ハウジングおじさんがいないのにハウジングの話をするのは心が痛い。

    トークンはコンテンツレベル毎に別で用意。
    ただトークン交換アイテムはドロップよりやや弱い。

    ミニゲームのカードゲームはまだ仕様がない、
    絶賛募集中、誰かアイディア下さい。

    ロンチ時点でゾーン数はちゃんと数えてないが
    ダンジョン含めて40ゾーンくらいはあって
    拡張までに80ゾーンまでは足せる仕組み。

    チョコボはポイントで3つあるスキルツリーからスキルを取得していって成長させる。
    β4から入るよ、β3の解析でもうチョコボのアクション公になっててわろた。

    蛮神戦は4人/8人PT用で1体だけ相手に土俵でガチンコ勝負するコンテンツ。

    FATEで登場する蛮神も居る、オーディンとかはそう。
    ベヒーモスもFATE、30・40人で戦う。
    ボスFATE戦にも蛮神戦みたいにフェイズがあるから皆息を合わせろよ。
    制限時間切れたら半径20M以内斬鉄剣で全滅とかしちゃうよ。

    トレーラーでオーディンが小さいとか言われてるけどあの大きさには理由がある。

    β3のメインシナリオのクエストバトルも適当にやってると死ぬようなバトルを用意してる。
    まーそうそう死ぬ奴は居ないよね^^
    毒消し忘れるなよ、クエスト報酬で渡すから持ってるからね^^
    まぁ当たらなければどういうことは(ry

    ガレマール帝国の皇帝は病に伏せてて
    それで各将軍が前に出てきてる状況なので
    会えるような状況になった時点で死んでるかも分からん。

    マウント用装備も製作可能。
    皆チョコボの鎧とか魔導アーマーのカスタムパーツ作りたいよね?

    レベルシンクはちゃんと入れる。
    誰が新人かも分かる。
    ただ業者が混ざりやすいので、
    本当に低レベルの内は機能制限が入る、トレードとか。

    レリッククエストはそんなに変わってないけど
    1.0よりは全然楽、刻印集めはない・・いやあるけど少ない・・。
    ちょっと難しいボスを3つくらい倒すとか言うのは変わってない。
    そういう意味だとまぁまぁハード。
    ハムレット防衛に通うことはない。

    (終わり)

    ⇩宜しければ是非クリックお願いします、励みになります。


    Theme : FINAL FANTASY XIV * Genre : オンラインゲーム * Category : ニュース
    * Comment : (0) * Trackback : (0) |
    個別記事の管理2013-06-13 (Thu)
    前回の続きです。
    基本的な用語がわかった所で各ロール毎の基本的な立ち回りを解説します。

    概念的な解説なので具体的なこのタイミングこのスキルをどうこうという話はしません。

    そもそもβ3がまだ始まってないのでスキルが分かりませんし、
    β2以前の内容は守秘義務が有効で公開不可なので
    どの道、具体的な事は何一つ書けないという・・・。

    DPS・ヒーラー・タンクのロール別に解説していきます。
    ロール別なので同じ内容が重複したりしますがご容赦を。

    あと解説前に一点、
    この記事で書く立ち回りの指南はあくまで
    何も知らない初心者が一番最初に気をつけるべきことのみです。

    プレイしていく内に例外なんていくらでも出てきますので、
    この記事で書く最低限のことが出来てきたら色々気にしてみて下さい。

    たぶん低レベル向きのダンジョン攻略記事も書くと思うので
    それを読んだりしてもいいかもしれません。

    それでは解説行きます。


    DPS
    ダメージを与えるのが仕事な訳ですが、
    ダメージを食らってはいけないクラスなので、
    適当に敵を殴っていい訳ではありません。

    DPSの耐久力はクラスによってかなり差がありますが、
    基本的にタンククラスの半分からそれ以下だと考えて下さい。

    つまりどういうことかと言うと、
    殴られるとすぐに死ぬということです。

    で、適当な相手を殴るとヘイトが自分に向かってしまうので殴られます。

    誰を殴れば良いかというと、
    タンクがヘイトを安定させた相手を殴るのが基本です。

    まず敵の群れに対する初撃は原則タンクに譲りましょう。

    次に気にするのは殴り始めるタイミングです。
    大抵タンクは敵の群れを何かの技で引っ掛けた後に
    範囲攻撃で群れ全体のヘイトを一気に自分一人に向けます。

    引っ掛ける技はタンクによって長距離技を使う人が居たり、
    最初から範囲を使う人が居たり、普通に近くに行って殴る人が居たりでまちまちです。

    とは言えちゃんとしたタンクなら少なくとも3発目くらいには範囲攻撃を撃ちます。
    殴り始めるのはタンクが範囲攻撃を撃ったその次に1匹に対して殴った直後辺りから、
    その敵に対して攻撃を仕掛けましょう。

    1匹に対しての攻撃が見えない可能性があるので、
    範囲攻撃をした3秒後にタンクのターゲットした相手を殴っておけば概ね問題ありません。

    それからはその敵が死ぬまで殴り、
    その次は次にタンクがターゲットしている相手、
    それが死んだら・・・・とここから先はループです。

    最後にタンクがターゲットしている相手をターゲットする方法を教えます。
    色々やり方はあるのですが、とりあえず一番シンプルな方法で。

    まずタンクをターゲットします、本体を直接クリックしてもいいですし、
    パーティーウィンドウのタンクのHPフレームをクリックでターゲット出来ます。

    そうすると画面上部にターゲットのターゲットが見れるのでそれをクリックして下さい。
    そうするとタンクのターゲットをターゲットすることが出来ます。


    ヒーラー
    まずヒーラーは回復する事が仕事であり存在意義です。

    慣れてる人は結構攻撃に参加したりもするのですが、
    最初のうちはとにかく回復だけに集中すればOKです。

    そしてヒールする相手の優先順位を不等号で表すと、
    自分(ヒーラー)>=タンク>>>>>>>DPS

    概ねこんな感じです、誇張ではなく本当にこんなものです。

    特に初期のコンテンツは難易度が低いので、
    最悪タンクとヒーラーが生きてさえいれば勝てます。

    とくにDPSが大きなダメージを受けている場合は、
    (ヘイト無視の攻撃をするボスがいる場合もありますが)
    たいていのケースにおいてそいつが悪いです。

    大体はタンクの殴ってる相手を無視して、
    ヘイトを取りまくっているDPSです。

    こういう場合はあえて死なせるのも手です。

    なまじヒーラーが頑張ってしまって死なないと
    自分が悪いことにも気付かないので見殺しにして学習させましょう。

    人間失敗から学ぶものです。

    あともし自分が殴られた場合、
    人がいない方向に逃げるのではなく、
    タンクに向かって走って行ってください。

    タンクのそばに行ったほうがタンクがフォローしやすいからです。

    敵の密集地帯に見えるので危険な場所に見えますが、
    フォローが容易な分、逆に安全です。


    タンク
    タンクの仕事は全ての敵のヘイトを自分に集めることです。

    とは言えまんべんなく敵を攻撃する、という事ではありません。
    全体に対して攻撃を撒いていると、
    一匹に対して攻撃をしているDPSにヘイト値で負けてしまいます。

    基本的に敵は一匹ずつ倒すので、
    最初に範囲攻撃で薄く全体にヘイトを乗せた後は、
    一匹に対して集中攻撃するという形になります。

    攻撃の手順は
    1. 最初に敵の群れの一匹に何らかの攻撃を撃つ(※遠距離攻撃推奨)
    2. 次に敵の群れが自分に対して集まってくるまで一泊待つ、時間がかかりそうならもう一発殴る。
    3. 集まって来た所に範囲攻撃
    4. もし範囲攻撃に当たらなかった敵がいたらその敵に当たるように範囲攻撃をもう一発
    5. 最後に最初に殴った相手に単体攻撃を相手のHPが残りHPが少なくなるまで殴る
    6. 敵が死ぬ直前にDPSよりヘイトを先行するために次の敵にターゲットを移し、殴る
    7. 5.に戻る

    と言った形になります。

    あと例外的に植物系モンスターなど、
    定位置から動かない敵がいたりします。

    こういう敵がいた場合、その敵を最初にターゲットにして、
    その敵のそばに動ける敵を集めて範囲攻撃を撃つと安定しやすいです。

    2匹いた場合は片方に遠距離攻撃を投げておきましょう。
    あと敵を殴る優先順位として、動かない敵を先にするのもありです。

    ここまでの事をしっかりやった上で、
    タンクが最も注意しなければならないことは
    敵がヒーラーに向いていないかどうかです。

    最低限の仕事をした上で、DPSにヘイトが向いていた場合、
    それはDPSが悪いので見殺しにして問題ありません。
    (※もちろん余裕があればちゃんと助けてあげてください!)

    ただしヒーラーは別です、ヒーラーに敵が向かっていたのを見たら
    必ず助けましょう、ヒーラーが死んでしまうと高確率で全滅します。

    逆にタンクとヒーラーさえ生きていれば、
    序盤のパーティーコンテンツは大抵なんとかなるものです。

    なのでちょくちょくヒーラーにカメラを向けたり、ヒーラーのHPバーに気を払ったりして
    ヒーラーを落とさないように気をつけましょう。

    あとヒーラーのヒールは敵全体に薄くヒールが乗るという性質があるので、
    たまに範囲攻撃を混ぜて、全体へのヘイト値を上乗せさせるようにしましょう。

    長くなりましたがタンクの仕事まとめです。
    • 敵全体にヘイトを薄く撒く
    • 薄く撒いたあとは一匹に対して集中攻撃
    • ヒーラーに敵が向いてないか注意する、向いていたら助けに行く

    重要なのはこんなところです。



    以上が超基礎編でした。
    タンクの説明が長くなるのは予想通りだったのですが、
    DPSも思いの外長くなりましたね・・・。

    とりあえず初心者の皆さんは自分のやりたいロールの部分だけ見てくださればOKです。

    ⇩宜しければ是非クリックお願いします、励みになります。


    Theme : FINAL FANTASY XIV * Genre : オンラインゲーム * Category : 初心者向け
    * Comment : (11) * Trackback : (0) |

    * by   
    この手のゲームは初めてで、扱い易そうだからと剣の職業を選びました。なのでタンクという言葉すら知らなかったです。
    戦闘では画面の情報量が多く何やってるのかわからなくなったり、狙いたい敵を上手くターゲットすることができなかったりと大変でした。そのうえタンク役としての立ち回りも覚えなくてはと想像以上の難しさでした。
    そんな中、この記事の解説はわかりやすく、タンクについて大変参考になりました。ありがとうございました。

    * by RIKASUKE396
    RPGはあまりやったことないので、とても参考になりました。
    あと、ギルドリーブ?かながよくわからないのでおしえてください。(>A<)
    製品版出たら買いたいとおもいます。

    * by -
    DPSでの動きがよくわかりました
    これからも更新よろしくお願いします

    Re: タイトルなし * by Ez8
    > RIKASUKE396さん

    ギルドリーヴとはチケットを消費して受注できるクエストのようなものです。
    クエストからの導線で受けられるようになるので一度試してみていただければわかるかと!

    * by Sona
    タンク楽しそう!
    初心者だけど、タンクがんばってみます( ゚д゚)ノ
    基本を何度も繰り返し練習したほうが良さそうですね。

    初心者から ありがとうございます * by うさぎ
    勢いで FF14新生を予約してしまいました・・・・。
    プレイした事がないのですが こちらの説明は なんかすっごくわかりやすいです。とっても助かります。
    「人間失敗から学ぶものです」あたりでもう大爆笑☆☆。
    見殺しにされないよう 気をつけたいな。
    早くプレイしてみたい~。

    * by -
    タンクやるぞおおおお\(^〇^)/

    * by -
    動き理解した

    参考になりました。 * by -
    初CFの前に立ち回りについて知りたくて
    こちらを読ませていただきました。
    回復の優先順位ついて半信半疑だったのですが、
    本当にその通りでしたw

    タゲられた時にタンクに向かって走るなど
    とても参考になりました。
    ありがとうございます。

    * by tyanko
    MMO初心者です。
    「サスタシャ侵食洞」で初めてチームプレイしました。
    クラス呪術師で参加したのですが、ブリザラ連発してました,,,
    がんばってたくさんの敵からヘイト値稼いでたんですね...
    すぐ死ぬからなんかおかしいとおもって調べてたらたどり着きました。
    すごく参考になりました。

    個別記事の管理2013-06-13 (Thu)
    β3の当選者メールも発射された所で、
    今までMMOに触れたことがない、もしくはDQ10など
    ロールの概念が希薄なものしかプレイした事のない方向けに
    パーティープレイでの非常に基本的な立ち回りなどを書いてみます。


    立ち回り解説といいつつ、本当に初心者の方はまず用語が分からないと思いますので、
    まず最初は用語の解説からやっていこうと思います。

    MMOの専門用語はものすごい数があるのですが、
    一気に説明しても把握できるわけがないので、
    この記事では
    ロールDPSヒーラータンクヘイト
    を解説して行きます。


    ロールとは?
    戦闘用の各クラスにはそれぞれ自分がPTプレイでの役割を表す
    ロールというものが割り振られています。

    ロールには大きく分けて
    タンク(盾)・ヒーラー(回復役)・DPS(アタッカー、攻撃役)
    の3種類存在していて戦闘用クラスはこのいずれかに該当します。

    MMOのパーティー用のコンテンツは殆どの場合、1パーティー内に
    タンク・ヒーラー・DPSの3種類が揃っている事を要求されるバランスになっています。


    DPSとは?
    DPSとはパーティーにおける攻撃役のことを指します。
    ゲームによってはアタッカーと呼んだりします。
    もともとDamage Per Second(秒当たりダメージ)を表す言葉だったのですが、
    それが転じて攻撃職そのものを指す用語になりました。

    ちなみに元の意味でも使ったりします。
    「あのDPSはDPSが低い」とか、ややこしい!

    DPSは敵にダメージを与えることに特化したクラスです。
    他のロールに比べ、役割がわかりやすく責任も薄めなので、
    初心者はまずこれに該当するクラスをやってみることをオススメします。

    槍術士/竜騎士弓術士/吟遊詩人格闘士/モンク呪術士/黒魔道士巴術士/召喚士
    が該当します、一番多いです。


    ヒーラーとは?
    ヒーラーとはパーティーにおける回復役を指します。
    このゲームにおけるヒーラー以外の回復能力は極端に低いので、
    パーティー内での回復は基本的にヒーラーにだけがするものだと思ってください。

    ヒーラーは責任こそ重いですが、
    超高難易度コンテンツになるまでやることが大きく変わらず、
    敵の動きを覚えたりする必要性が少ないので
    初心者にはDPSの次にオススメです。

    幻術士/白魔道士学者
    が該当します。


    タンクとは?
    タンクとはパーティーにおける盾役のことを指します。

    EQ系のMMOをやったことの無い方には耳慣れない言葉かもしれませんが、
    この手のゲームでは敵の攻撃をタンクが一手に引き受ける事を要求されます。

    タンクはその他のキャラより格段に耐久力に優れ、
    タンク以外のキャラがパーティー用コンテンツで攻撃を受けると
    すぐに死んでしまうバランスに作られているのが一般的です。

    ですのでタンクは全ての敵の注意(ヘイト)を引きつけ続けなければなりません。

    タンクは責任が重く、パーティー内の状況・敵の状況などを
    注意することも多く、ダンジョンの先導をする事が多い性質上、
    道も覚える必要があったりするので、
    このジャンルのゲームに慣れていない方は
    最初はタンクをしない方がいいかもしれません。


    剣術士/ナイト斧術士/戦士
    が該当します。


    ヘイトとは?
    これは敵のプレイヤーに対する敵対心を表すパラメータです。
    敵視と呼んだりもします。
    敵は基本的にこの値が最も高いプレイヤーに大して攻撃を仕掛けてきます。

    タンクは全ての敵のヘイトを集める必要があり、
    逆にタンクでないのクラスは、敵が自分に対して
    最大のヘイト値になることを避ける様にプレイする必要があります。

    ヘイト値は戦闘中に確認することができます。
    sample_hate.png

    この画像の赤枠部分がヘイトリストです。
    自分に対してヘイト値が乗っている敵が一覧になって出てきます。

    hate_list.png

    ヘイトトップだと赤く点滅します。
    赤(トップ)→黄色→緑→灰色
    の順番でヘイト値が高いということです、タンク以外のクラスは黄色になったら注意しましょう。

    タンクはヘイトリストが全部真っ赤になるように立ち回り、
    それ以外のクラスはどれも赤にならないように気をつけると言った感じです。

    あとターゲットしてる相手だけ、PT全員のヘイト値をトップからの相対値で知ることが出来ます。
    最初の画像の黄色枠の部分がそれです。

    hate_gauge.png

    このゲージを気にする必要があるのは主にタンクとDPSで、
    タンクはこれで肉薄されていたら、ヘイトコンボを厚めに入れる必要があり。
    逆にDPSはタンクに自分のヘイト値が追いつきそうなら自重する必要があります。


    以上です、初心者向けなので簡潔にしたかったのですが結構長いですね・・・。

    分からないことがありましたら米欄でお気軽に質問どうぞ。


    ⇩宜しければ是非クリックお願いします、励みになります。


    Theme : FINAL FANTASY XIV * Genre : オンラインゲーム * Category : 初心者向け
    * Comment : (3) * Trackback : (0) |

    * by バズ大佐
    毎日更新確認して楽しみに待ってました!
    厚かましいのですがもしよければそれぞれのロールがこれからエンドコンテンツに向けてどんなことを意識して立ち回れば良いのかなどの記事を書いてもらえるとものすごくありがたいです
    自分はFFファンで14を買いますがMMOは初心者で何をすれば良いのかなど全くわかりません
    なのでこういう初心者のための記事を書いていただいてほんとに感謝しています
    これからも頑張ってください
    自分も出来るだけコメントをして応援していきたいと思います

    * by sena
    すごく参考になりました!!立ち回りとか全然わからないので
    こういう記事はすごく助かります!
    というかこんな新説に解説してくれて感動です!!

    参考になります! * by ななし
    最後の、アタッカーは自分にヘイト値が行きすぎてたら自重しなければならない、というのは具体的には攻撃を一旦辞めるってことでいいのですか?
    よろしくお願いします!

    個別記事の管理2013-06-12 (Wed)


    出張プロデュサーレターライブで流れた目ぼしい情報を随時更新していきます。



    8:02 オープニングに英語版トレーラー再生

    8:08 始まりました、まさかのヘッドショットおじさんこと松田新社長登場。

    8:11 松田社長冒頭だけで退場、吉P失敗したらヘッドショットされるらしい。

    8:13 PS4版、PS3版所持者はなんか良い事あるらしい、続報を待っててね。

    8:16 巴術・学者・召喚の詳細は明後日のPレター第二部(英語版)、吉Pは日本語だから安心してね。

    8:19 会場寒い。

    8:21 PS4版でPS Plusが必須かどうかは交渉中。

    8:27 フロントラインは2.2か2.3、2.3濃厚。

    8:29 ガラス張りでひろゆきに監視されながら放送中。

    8:30 ファインダー、登録時は参加クラスになることが必須だがキュー入れてる最中はクラス替え可、突入時に戻せばOK。

    8:32 北瀬さん乱入、E3での北瀬さんはアメリカの空気のせいかテンション高い。

    8:33 ただでさえ天使のライトニングさんがミコッテに。※実機に乗ります。

    8:37 ライトニングさん、新生14出演仮決定。

    8:40 ライトニングリターンズ側の宣伝がちゃんとしてる人なので怖い。(室内)

    8:40 DirectX11対応はそう遅くはならない、1年先とかにはならない。

    8:42 ひろゆき連行、ライブレター参加。

    8:44 またニコ生やるよ!

    8:49 Xbox Oneは会場だと大人気。(ひろゆき)

    8:51 終了。

    閉じる

    ⇩宜しければ是非クリックお願いします、励みになります。


    Theme : FINAL FANTASY XIV * Genre : オンラインゲーム * Category : ニュース
    * Comment : (0) * Trackback : (0) |
    個別記事の管理2013-06-12 (Wed)
    今日のAM2:00から新生のE3トレーラーが公開されるそうです。



    サウンドディレクターの祖堅さん曰く
    マジで凄い出来」らしいので楽しみですね。

    アップされたらこの記事にリンクを貼る予定です貼りました。

    ⇩宜しければ是非クリックお願いします、励みになります。


    Theme : FINAL FANTASY XIV * Genre : オンラインゲーム * Category : ニュース
    * Comment : (0) * Trackback : (0) |
    個別記事の管理2013-06-12 (Wed)
    ブログやるの実は初めてなんですけど
    デフォルトテンプレートじゃあまりにもなんで
    勉強がてらFF14っぽい感じにテンプレートを弄ってみたんですが、
    いやーめんどくさいですね、地味に労力かけた割にはなんかショボイし。

    そしてPCで完全に力尽きてスマホの方は全く弄る気がないという。



    で、E3なんですけどなんかソニーカンファレンスで物凄いサラっと
    PS4版出すって発表してましたね。

    PS4のゲームはvitaでリモートプレイできるので、
    軽いコンテンツくらいなら寝っ転がりながら出来たりしたら良さそうですね。

    ファインダーダンジョンとか釣りとか。

    ただボタンの数が足りてない、っていうか新生14で最重要な
    R2L2が無いという重大な欠点はどうするんでしょう?
    背面タッチでやるのはちょっと嫌な感じですが。

    まぁ本当にやるとしたらL1R1とL2R2をコンフィグでまず交換しますけどね。

    ⇩宜しければ是非クリックお願いします、励みになります。


    Theme : FINAL FANTASY XIV * Genre : オンラインゲーム * Category : gdgd
    * Comment : (0) * Trackback : (0) |
    個別記事の管理2013-06-11 (Tue)
    ブログ始めてみました。

    守秘義務解除の14日から本格的に記事を書き始める予定。

    ゲーム内容に直接関係ない記事を先に書いたりするかも。

    ⇩宜しければ是非クリックお願いします、励みになります。


    * Category : gdgd
    * Comment : (0) * Trackback : (0) |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。