05≪ 2017/06 ≫07
    123456789101112131415161718192021222324252627282930
    個別記事の管理-------- (--)
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ⇩宜しければ是非クリックお願いします、励みになります。


    * Category : スポンサー広告
    |
    個別記事の管理2013-06-18 (Tue)
    クラスアクション雑感、第二回は前回の剣術士に引き続いてタンクシリーズ第二弾、斧術士です。

    例によって、キャップまでやった訳でもエンドコンテンツをやった訳でもない妄想による適当雑感です。



    斧術士は前回紹介した剣術士と違い、
    同じタンクでもかなりテクニカルな方向に振ったタンクの様です。

    単純に防御力を向上させるスキルもあるにはありますが、
    フォーサイトだけ、しかもリキャストが同じ剣術のランパートと比べると、
    カットするのは物理のみというちょっと心許ない感じがします。

    あと他の防御用のアビリティはスリル・オブ・バトルでしょうか?
    これはぱっと見ストンスキンの劣化自己バフ版に見えますね。
    まぁアビリティで即時発動出来るのとそもそもストンスキンと両立できるので意味はありますが。

    このスキルはポーションの代わりにしてはちょっとCD長すぎなのであまり頼れなさそうです。

    エンドコンテンツの超強いボスが物凄い攻撃をしてくるとわかってる時に、
    これを付けて回復してもらってHP120%の状態で喰らう、と言った使い方が一番効果的ですかね。

    ディフェンススキルのCDが長く、数も剣術士より少ないので、
    基本的にこのクラスのディフェンスの方法は
    攻撃することによってHPを自己回復する。
    という方針が基本のようです。

    攻撃と防御が一体なのが面白いですね。

    コンボルートも面白そうです。
    • ヘイトアップルート
    • HP回復ルート
    • 攻撃特化ルート
    の三種類があり、どれも使い所が多そうです。

    とりあえずは最初はヘイトを安定させるために、
     ヘヴィスウィング→スカルサンダー→ボーラアクス
    のルートで一旦安定させ、

    十分ヘイトが稼げたタイミングで
     ヘヴィスウィング→メイム
    ルートへ移行

    さらにここから、自分のHPが減っていたら
     メイム→シュトゥルムヴィント

    攻撃特化したいなら
     メイム→シュトルムブレハ
    と言った所でしょうか?

    シュトゥルムブレハの斬属性ダウンは明らかに自分専用ですが、
    もう一つの回復効果半減はPvP用ですかね、PvPだとかなり嫌な能力に見えます。

    止め用スキルのマーシーストロークも中々面白そうです。
    アビリティですし積極的にフィニッシュブローを取りに行きましょう。

    こんな感じで攻撃スキルはかなり充実していて、
    剣術士と比べて幅は格段に広い様に見えます。

    CC系スキルについては剣術と違ってスタンがWSではなくアビリティなので
    撃ち放題ではないですが、リキャストが30秒と短く、
    アビリティなのでGCDに影響されず撃てるのでもしかしたらインタラプト用スキルとしては
    剣術士のシールドバッシュよりも使いやすいかもしれません。

    範囲については、コーン型範囲攻撃のオーバーパワーになります。
    自分中心範囲のフラッシュよりも当てづらいので、
    立ち位置にテクニックが要りそうです。

    敵の配置によっては良い感じの配置にするのが難しいケースが発生しそうなので、
    剣術のフラッシュを取っておきたい所です。レベル8で取れますし。

    ただフラッシュを取ってもMPが物凄く低い性質上、連発は出来ないので、
    フラッシュを一発だけ撃ってとりあえずヘイトを薄く撒き、
    その間にオーバーパワーで全体をカバーできる立ち位置を作る必要がありそうです。

    さてここまで書きましたが、斧術士最大の問題は
    挑発が無いことです。

    挑発の効果については前回の記事を参照して下さい。

    この挑発の性能はMMOでは非常にポピュラーなスキルなのですが、
    この手のスキルがあるゲームは必ずといっていいほど、
    エンドコンテンツのレイドボスバトルに於いて、
    タンクのスイッチを要求するギミックを用意してあります。

    なので新生FF14も例に漏れないでしょう。
    スイッチをするためにタンクは挑発を持ってなければなりません。

    このことからエンドコンテンツで斧/戦士で盾をする場合。
    ほぼ確実に剣術で挑発を取る必要が出るでしょう。


    以上をまとめると、ディフェンスアビリティの不足や、
    便利なヘイト取得スキルが足りてないこと等から、
    他のスキルを積極的に取りに行く必要があるクラスに見えます。

    ディフェンスアビリティの不足の解消用に、
    格闘士レベル8の内丹、剣術士レベル10のコンバレセンス

    使いやすい自分中心範囲ヘイトスキルである
    剣術士レベル8のフラッシュ

    そして最重要な剣術士レベル22の挑発。

    この辺を一通り網羅すれば、一人前のタンククラスとして完成しそうです。

    1クラスで完成してる反面、やれることが決まっている剣術士に対し、
    1クラスでは未完成な代わりに、トリッキーな事が出来る斧術士と言った所でしょうか。

    同じタンククラスでも個性付けが出来ていそうで楽しみです。

    ⇩宜しければ是非クリックお願いします、励みになります。


    Theme : FINAL FANTASY XIV * Genre : オンラインゲーム * Category : β3
    * Comment : (2) * Trackback : (0) |

    ジョブ * by クロマメ
    初めまして。
    各クラスの雑感を楽しく読ませて貰いました。

    βではジョブが実装されて無いのですか?
    詳しいスキルとかもジョブは、まだですか?

    クラスの雑感が終わったらジョブ期待してますー。

    Re: ジョブ * by Ez8
    >クロマメさん

    ジョブは次回のテストの引き継ぎキャラのみ試せるらしいです。

    新規や旧版でジョブを取ってなかった人はまだジョブにはなれないようですね。

    とは言え、この雑感も実際やって書いてるわけではないので、
    次回の引き継ぎプレイヤーへの公開の時に情報が出てきたら
    それをもとに(気力があれば)書いてみますー。

    コメント







    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。