03≪ 2017/04 ≫05
    123456789101112131415161718192021222324252627282930
    個別記事の管理-------- (--)
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ⇩宜しければ是非クリックお願いします、励みになります。


    * Category : スポンサー広告
    |
    個別記事の管理2013-06-21 (Fri)
    さて思いつきで始めたものの息切れ感が半端ない本企画もついに最終回。
    格闘士を見て行きましょう。


    モンクは「型」というバフが付いている時に撃てるWSが変わるという特殊なクラスです。
    「型」は「壱の型」「弐の型」「参の型」三種類があり、
    それぞれに対応する技を打つと1→2→3→1→2→3→・・・と順々に型が入れ替わって行きます。

    それでは型に対応したWSを見て行きましょう。

    「壱の型」

     壱の型の対応スキルは初動スキルでもあるので、
     壱の型でないと発動できないというものではありません、
     ただし型が付いていると追加効果が発動します。

     ・連撃
      壱の型の時に背面攻撃するとクリティカル確定
     ・壊神衝
      自分中心範囲攻撃(5m)、1秒サイレス付与、インタラプト用。

    「弐の型」

     ・正拳突き
      背面攻撃時に自身にクリティカル率5%上昇のバフをつける
     ・双掌打
      与ダメージ5%上昇バフを付与

    「参の型」
      
     ・崩拳
      格闘士最強バフ、疾風迅雷付与。
      効果は与ダメージ7%アップ攻撃速度5%アップ特性によって3スタックまで貯まる。


    スタートは
    連撃→双掌打→崩拳
    で開始し、

    連撃→正拳突き→崩拳
    をベースに。

    双掌打のバフが切れたら正拳突きでなく双掌打と言った感じでしょうか。

    パーティープレイ時は、格闘士のスキルにはほぼ全てに位置ボーナスが付いているので、
    常に適切な位置に移動することを心がけましょう。


    このクラスは疾風迅雷が3スタックしている状態を維持し続けるという事に、
    DPSの全てがかかっているといっても過言ではありません。

    なのでもしボスから離れなくては行けない状況になっても、
    近所に殴れる雑魚がいたら疾風迅雷をキープするために殴っておきましょう。
    もしくはボスからの離れ際にはなるべく崩拳を撃ってから離れる事を意識するといいです。

    踏鳴はリキャストも長いですし、一見微妙なスキルに見えますが、
    疾風迅雷を5秒で3スタックまで復帰できるスキルなので、格闘士にとってはかなり有用なスキルです。


    格闘士は基本的にシングルターゲットに特化したクラスのようです。
    範囲技は壊神衝と空鳴拳があるにはありますが、
    壊神衝は攻撃技ではなくインタラプト用スキルのようですし、
    空鳴拳はいくらなんでもリキャスト長すぎなので微妙です、これは調整されそうな気がしますが・・・。


    構えについては疾風の構えは基本的にPvP用な気がするので、
    PvEでは金剛の構えにしておくといいでしょう、攻撃系の構えも欲しいですね、モンクにあるのでしょうか?

    あとはリキャスト毎に各種アビリティを撃っておくというくらいですかね。

    メインクラスで格闘をやっていくなら槍の気合と捨身が超強いので必ず取りに行きましょう。
    β3では捨身を取れないので別に上げなくてもいいですが。

    モンクは剣術士のスキルも使えますがタンクではないので、こちらのレベルは上げる必要はないでしょう。
     

    ⇩宜しければ是非クリックお願いします、励みになります。


    Theme : FINAL FANTASY XIV * Genre : オンラインゲーム * Category : β3
    * Comment : (2) * Trackback : (0) |

    * by P
    モンクは攻撃力+10%の紅蓮の構え持ちますね

    Re: タイトルなし * by Ez8
    >Pさん

    おお、情報有り難うございます!
    ではモンクになるだけでDPS10%上がるんですねー、ジョブ強い・・・。

    コメント







    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。